2017年度インターンシップ

開催レポート #技術系

2017年度に初開催した、
自由応募型技術系インターンシップの参加者の声をお伝えします!

自分が活躍できる職種は?

~適性検査のフィードバックと自己分析~

インターンシップにご応募いただく際にご受検いただいた適性検査の結果をみなさんにフィードバックさせていただきました。
大半の方が、ご自身の結果を見るのは初めてのようで、意外な一面に驚いている方もいました!

活躍できる職種を知ることで、今後の自分の姿を想像するのに役立った。

自分の性格や特徴、強み、弱みなど客観的に見つめ直すことができた。

クルマの開発体感型
ビジネスシミュレーション

ビジネスシミュレーションを通して、「次世代のクルマづくり」を体感していただきました。

今まで経験したことのない、実際の開発に近いことをさせていただいて、楽しさと難しさを感じることができた。

自分が、新しいクルマを作るのにワクワクすることに気づくことができた。

学校の授業ではやったことがなく、決められた時間内で仲間と協力して良いものを作るという、実際の設計の疑似体験ができたので、とても面白くて新鮮だった。

実際にクルマを企画、開発するのにさまざまな角度から考える必要があり、簡単にはいかないことを実感したのと同時に、開発の楽しさややりがいも感じることができた。

擦り合わせ型開発の難しさや面白さ、三菱自動車の技術力、そしてこの開発に想いを乗せることの大切さを知ることができた。

実際に燃費やコストなどを需要に合わせて考えていくことができ、自動車について改めて深く考えることができた。また、さまざまな要素がかみ合って設計されていることをしっかりと認識でき、貴重な経験ができた。

工場見学

岡崎製作所では乗用車の生産ライン、京都製作所ではエンジンの生産ライン、水島製作所では次世代車アウトランダーPHEVの試乗、本社ではショールーム見学と次世代車アウトランダーPHEVの試乗を行いました。

普段街中で見る自動車のパーツが組み立てられていく過程を見ることができて、面白かった。

クルマができる工程を最初から最後まで見ることで、自分が乗っているクルマがどのようにできるのかがわかって楽しかった。

製造の最先端の技術と現場の雰囲気を間近で見れたのが印象に残った。

他の自動車メーカーの工場にはない特徴を見つけることができてよかった。特にロボットによる自動化が積極的に行われており、未来を感じた。

工場見学が初めてだったこともあり、機械が大量に並んでいるところを見て驚いた。

技術力の高さを実感した。また、三菱自動車の
“Drive your Ambition”
という理念に触れ、そのスケールの大きさを知った。

今まで電気自動車に乗ったことがなく、とても静かで驚いた。試乗を通して電気自動車のすごさや便利さが分かり、自分も製作に携わってみたいと思った。

社員座談会

最後のプログラムは、当社社員との座談会です。社員の仕事内容、働き方、社風など、普段聞くことのできないようなことを、ざっくばらんにお話ししていました。気になることをどんどん質問する学生さんたち。当社社員の人柄を感じていただけたのではないでしょうか。

直接お話しすることで、社員の方の温かい人柄を実感できてよかった。

社員の方との話の中で、三菱自動車の社風やこれからの展望、そして企業メッセージの“Drive your Ambition”を感じることができた。

各イベントの
開催概要はこちら!

技術系
イベント

※理系対象

事務系
イベント

※全学部・全学科対象

低学年向け
イベント

※全学部・全学科対象