2017年度インターンシップ

開催レポート #事務系

2017年度に初開催した、
自由応募型事務系インターンシップの参加者の声をお伝えします!

自分が活躍できる職種は?

~適性検査のフィードバックと自己分析~

インターンシップにご応募いただく際にご受検いただいた適性検査の結果をみなさんにフィードバックさせていただきました。
大半の方が、ご自身の結果を見るのは初めてのようで、意外な一面に驚いている方もいました!

自己分析のフィードバックは初めてで、今後の自己分析に大いに役に立つと思った。

適性検査の結果を知るという機会は今までになく、さらに自分に適した職種が何なのかを示してもらえて、今後の活動の役に立った。

グローバル市場における
当社事務系総合職体感型
ビジネスシミュレーション

当社で実際に立ちあげられたプロジェクトの内容に沿って、つくりあげたビジネスシミュレーションを行いました。

実際に立ちあげたプロジェクトに沿ったシミュレーションで、新しい視点を得るきっかけとなった。

ゲーム形式で体験することで、求められるスキルや能力を学べたのと同時に、自動車業界の事務系の働き方や醍醐味を学ぶことができた。

全体最適の視点を持つこと、多くの選択肢から可能性を探ること、より高い次元で事業の全体像を展望し、売り上げから費用までを考え、利益を出すことなど、事務系の仕事のイメージが湧いた。

どのようにしてプロジェクトが進んでいくのか、どんな人と関わっていくのかを知り、自分の中で仕事に対する疑問が解消された。

新興国における新車の商品企画を体感するワーク

当社は、ASEANマーケットで7%のシェアを誇っており、特に存在感を示しているタイ・インドネシア・フィリピンに対し、新車の新商品企画をしてもらいました。
最後には業務に携わる担当責任者からの直接のフィードバックをもらうというまたとない機会に、学生たちも真剣そのものでした。

さまざまなデータから、三菱自動車の強みを活かせる企画を考えることの面白さを感じた。

自動車には多様な使用用途があり、社会的責任が大きい、この自動車業界に感動した。

完成車メーカーは、直接お客さまに夢を売り、人びとを笑顔にすることができると実感した。

三菱自動車のブランド力を向上できるよう、さまざまな面を考慮した自動車を企画する面白さと難しさを知った。

社員座談会

最後のプログラムは、当社社員との座談会です。仕事内容はもちろん、働き方、社風など、普段聞くことができないようなことをどんどん質問する学生さんたちと、それに対し一つひとつ真剣に答える社員たち。時には笑い声も聞こえてくるような、終始穏やかな雰囲気でした。この座談会を通して、当社社員の人柄を感じていただけたのではないでしょうか。

大きな変革期を迎えたダイナミックな業界に身を置きながら、温かくて、熱意のある三菱自動車の社員の方と一緒に働きたいと思った。

事務系の仕事は自分が想像していたものよりずっとスケールが大きいものだというのを知り、今後の就職活動のためになった。

各イベントの
開催概要はこちら!

技術系
イベント

※理系対象

事務系
イベント

※全学部・全学科対象

低学年向け
イベント

※全学部・全学科対象