ページの先頭です

テクノロジー

お客様のカーライフをより豊かなものにするために。
“走る歓び” “確かな安心” そして“環境への貢献”を実現していくために、こだわりを持ったクルマづくりに日々取り組んでいます。

ECLIPSE CROSS

「鍛え抜かれたアスリートの筋肉のような造形」により躍動感とSUVとしてのパフォーマンスの高さを表現。SUVの機能を大切にしながら、クーペスタイルを実現しました。

  • 定評のあるMIVECエンジンをベースに1.5L直噴ターボエンジンを新開発、1.5Lながら2Lを凌ぐ出力、トルクを低い回転数から発揮します。
  • S-AWCは電子制御4WDをベースに、4輪の駆動力・制動力の制御を軸とした高度な統合制御により、様々な走行状況でドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現。“誰もが安心して気持ちよくドライブできる”ことを可能にしています。

アウトランダーPHEV

『i-MiEV』で培った電動車両技術、『ランサーエボリューション』で鍛えた車両運動統合制御技術、そして『パジェロ』で築いた4WD/SUV技術を結集し、三菱の技術の粋を集めたクルマです。ツインモーター4WDによる高い走行性能に加え、大容量電池によるPHEVならではの静粛性、環境性能を実現しました。

プラグインハイブリッドEVシステム
  • 三菱自動車が独自に開発した「プラグインハイブリッドEVシステム」は、住宅地や街中などの低・中速走行時には、主にバッテリーの電力により走行する「EV走行モード」になります。

  • バッテリーの容量が低下した場合や力強い加速が必要な場合には、エンジンが自動的に動きだして発電を開始し、モーターとバッテリーに電力を供給する「シリーズ走行モード」になります。

  • 高速走行時には、高回転域で効率のよいエンジンの駆動力を利用し、モーターがアシストする「パラレル走行モード」になります。

モーター走行の減速時にはモーターを発電機とし、減速エネルギーをバッテリーに充電することが出来ます。また、大容量バッテリーと充電機能を備えているので、日常の市街地走行等は、ほとんどエンジンを始動させる必要がなく、ガソリン消費やC02排出はゼロ。環境に優しい走りを実現させています。

停まっているときの価値(給電・蓄電)
駆動用バッテリー+エンジン発電

「クルマは移動するときにだけ使うもの」そんな常識が、「V2H」で変わりました。「V2H」とは「Vehicle to Home」の略で、クルマに蓄えた電気を家で使う仕組みのこと。これからは、停まっているクルマも使う時代。キャンプ場などアウトドアでの電源としてだけでなく、災害時の非常用電源として家庭への電気を供給することが出来ます。また、満充電・ガソリン満タンで一般家庭最大10日分の電力がまかなえます。

※1 :充電状況や走行条件、環境によってはガソリンを消費する場合があります。また長期間ガソリンが1回に約15L以上給油されていない場合、燃料系部品のメンテナンスのため、エンジンが自動的に始動されガソリンを消費いたします。

MITSUBISHI
e-EVOLUTION CONCEPT

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT
コンセプトモデル
2017東京モーターショー参考出品車

クロスオーバーSUVタイプの新世代ハイパフォーマンスEV

  • 三菱が従来から得意とするSUVノウハウを融合・進化
    小型・高出力モーターを3機配置したトリプルモーター方式の4WDシステムに、大容量の駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載。街中から高速道路、アップダウンのあるワインディングなど様々な道路状況において、“e-EVOLUTION” の名にふさわしい、EVならではの力強く滑らかで静かな走りを発揮します。
  • AI(人工知能)技術を搭載
    車載AIがドライバーの運転をアシストします。AIが刻々と変化する道路状況や交通状況を認知し、さらにドライバーの操作からその意思を的確に読み取ることで、ドライバーの運転技量に関わらず、安全で快適なドライビングを提供します。
コンセプトカーイメージ

モータースポーツ
アウトランダーPHEV
ラリーへの挑戦

三菱自動車はこれまでにWRC(世界ラリー選手権)やパリ・ダカール・ラリーに参戦し、多くの優勝を勝ち取ってきました。
PHEVでラリーに挑戦することで、現在開発の中心となっている電動車両技術と四輪制御技術の先行開発や生産車へノウハウを反映しています。

クルマの技術 詳しくはコチラ

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.