ページの先頭です

お客様に一番近い販売会社だからこそ経験できる
“お客様”と“営業スタッフ”を超えた人間同士のつながりがあります。

お客様に一番近い販売会社だからこそ経験できる“お客様”と“営業スタッフ”を超えた人間同士のつながりがあります。

大庭くんと初めて会ったのは、まだ彼が入社して間もない約10年前。今乗っているデリカを購入する時でした。当時はまだ仕事にも慣れていなかったのか、私の妻が繰り出す無理難題にあたふたしていた印象があります。けれども購入して半年が経ち、定期点検に訪れた際には随分としっかりとした印象に変わっていて、驚かされましたね。また車検の際に代車を借りたのですが、乗り慣れない車だったこともあり、接触事故を起こしてしまったんです。すぐに大庭くんに電話を入れたのですが、急いで駆けつけてくれました。初めての事故で気が動転している私に声をかけてくれて、保険の手続もてきぱきと行ってくれました。そのときは、本当に頼もしく見えましたね。
デリカを購入して以来、ずっと大庭くんに面倒を見てもらっています。こんなに長く担当が変わらないことは今までなかったので、ついつい頼ってしまいます。運転していて何か違和感を感じたら、パッと大庭くんの顔が思い浮かぶほど。だから、ついついお店にも足が向いてしまいますね。クルマを軸に、生活や趣味のことまでいろいろと相談に乗ってくれる友だちのような、私のカーライフに欠かせない存在です。デリカにはまだ当分乗るつもりですが、きっといつかは乗り換える。でも大庭さんとの付き合いは、ずっと続いていくんだと思います。

ご要望への真摯な対応で、信頼に応えていかなければ。

近藤様は奥様と息子さんの三人家族だったところに、双子のお子さんが生まれるということでミニバンをご所望。そして好きだったアウトドアを復活させたいということもあり、デリカD:5への乗り換えをお考えでした。当時の私は入社直後で、まだお客様の家族構成やライフスタイルに合わせた御提案も満足にできない新人で、カタログを読めば分かるような情報を、ただお伝えしていただけのような気がします。そんな時代から担当させていただき、間もなく10年。ずっとデリカにお乗りいただいていることもありがたいのですが、何より近藤様とのお付き合いを通じてカーディーラーの仕事で大切な、お客様との接し方や距離感などを学ばせていただいたと思っています。

私もアウトドアが好きでアウトランダーPHEVに乗っているので、お店にいらしていただいた際にはクルマの話や冬山の話などで盛り上がります。近藤様とのクルマ談義は、お客様のリアルなニーズを掴むのにも一役買っていますね。
また先日の燃費不正問題の際も、近藤様はお店にいらっしゃいました。何かお叱りの声を頂くと思ったのですが、逆に「大丈夫? 大庭くんが悪いわけじゃないからさ」と気遣っていただき、とても勇気づけられたことを覚えています。これからもさまざまなご要望に真摯に対応していくことで、そうした信頼に応えていかなければいけない。そう実感する毎日です。

営業スタッフ大庭 義昭さん

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.