働き方とキャリア支援

TRAINING
研修・制度について

三菱自動車は、人材育成をもっとも重要な経営課題のひとつと位置づけています。
グローバルに展開し、競争や変化の激しい自動車業界で、
常に改善・改革を意識し先を考えられる人材の育成を目指しています。

教育改革

環境変化の速い自動車業界で勝ち抜く企業になるためには、人材育成が不可欠です。
当社は10年先を想定し、教育制度および人事制度の双方で改革を行い、2016年度より大幅に教育体系を見直しました。
将来を見据えて、自ら考え、自ら行動する人材育成に全社的に取り組んでいます。

教育の柱

MMC WAYをベースに教育体系の柱を策定し、当社のコーポレートビジョン&ミッションの実現、ひいては三菱グループ共有の経営理念「三菱三綱領」の実現を目指しています。

MMC WAYの体現に必要な主な能力・スキルをMMC WAYの6つのキーワードごとに定義しました。

教育の柱

教育体系図

職務区分に応じて、教育の柱となるMMC WAYを踏まえた各種研修を、全社員を対象に実施しています。
また、グローバル人材の育成に着目した研修を設計し、さまざまなプログラムを策定しました。

キャリア採用者向け研修

迅速かつスムーズに、三菱自動車の社員としてご活躍いただけるよう、さまざまな研修プログラムを用意しています。

導入研修

年2回、早期戦力化とキャリア採用社員同士の連携強化を目的として、三菱自動車の歴史や商品知識、先輩キャリア採用社員の話などを聞く機会を設けています。

また、担当業務の早期習得のために、指導員が育成計画を作成し、それに基づいた育成を推進していきます。
さらには今後、会社生活の定着をサポートする役割の追加を検討しています。

教育体系図