新しい価値を、つくりつづける。
1

グローバル展開

日本だけ見ていては、
未来は見つからない。
グローバルな視点に立ってこそ
私たちの本質が見えてくる。

クルマづくりを通じて、社会に、
人びとの生活に貢献する。
グローバルマーケットには、夢物語ではない、
かけがえのない現実がある。

三菱自動車という自動車メーカーの本質はグローバルな視点に立ってこそ初めて見えてきます。売上高における海外比率は約90%。なかでも力を注いでいるのがアジアをはじめとする新興国マーケットです。
今、日本は少子高齢化・人口減少という深刻な社会課題に直面しています。しかし、アジアではまだまだ人口の伸びが続き、ASEANの人口は2030年には7.3億人に達すると予測されています。一方で、現在の自動車普及率は日本の10分の1以下。そこには「成熟」という言葉には遠い、可能性にあふれる未踏のマーケットが広がっているのです。
そんな国々の人びとにとって「MITSUBISHI」のブランドはとても身近な存在です。三菱自動車は、ASEAN地域における生産体制の強化、新興国に強みをもつSUV系ブランドの展開を推進しています。2017年4月には、インドネシアで16万台の生産能力を誇る新工場が立ち上がり、主力車種である“パジェロスポーツ”の生産を開始しました。また、同年8月、インドネシア国際オートショーにて世界初披露した“エクスパンダー”も受注台数2万3,000台を超える大ヒットとなっており、ASEANおよび北アジアにおいて、現地マーケットの成長を上回るペースで販売台数を伸ばしています。
もうひとつアジアでのニュースをあげるとするなら、2017年5月、中国で行っているエンジンの生産台数が累計500万基を突破したことでしょう。三菱自動車では、自社ブランドばかりでなく、現地メーカーにも高品質なエンジンを供給し、社会インフラの発展に貢献しているのです。

アジア市場を深耕する。欧州を起点に新技術の世界ブランドを展開する。
この地球を巡って、三菱自動車のビジネスは加速していく。

もちろん、アジアばかりではありません。三菱自動車では、世界160ヵ国以上の地域で販売を展開しており、グローバルでの販売台数は2016年度において前年比9%増加するなど、順調に市場を拡大しています。
海外におけるもうひとつの重要マーケット、欧州に目を向けると、アジアとはまた違う三菱自動車の横顔が見えてきます。なかでも絶大な人気を獲得しているのが洗練かつ高性能なSUV“アウトランダー”。SUVのスポーティーさとEVの先進性を融合させた“アウトランダーPHEV”は、日本および欧州での2016年度までの累計販売台数がNo.1(※)となるなど、PHEVの領域において先駆者的なポジションにあります。北米においても“アウトランダーPHEV”の販売に着手し、PHEVにおける世界No.1ブランドの構築を進めています。
さらに2017年には、三菱自動車ならではの新型コンパクトSUV“エクリプス クロス”の販売を欧州でスタートし、今後は欧州を起点に全世界へと展開していきます。
このような果敢なグローバル展開とともに、三菱自動車の拠点は全世界へと広がっています。また、ルノー・日産アライアンスのメンバーとしてそのビジネスも深みを増してきました。世界へと続く道の、その先へ。この地球こそが私たち三菱自動車のフィールドです。

※当社調べ