2018年01月30日

企業

ルノー・日産自動車・三菱自動車、2017年に合計1,060万台を販売

 
ルノー、日産、三菱自の2017年 年間合計販売台数は前年比6.5%増の10,608,366台、全世界で販売された乗用車および小型商用車の9台に1台に相当
電気自動車は2010年以降累計540,623台を販売、ゼロ・エミッション車で業界を先導
 
世界をリードする自動車アライアンスであるルノー・日産自動車・三菱自動車は30日、2017年1月~12月の1年間で合計10,608,366台を販売したと発表しました。
 
2017年は三菱自動車がアライアンスに加わった初めての丸1年間の暦年です。SUVおよび小型商用車(LCV)の需要の伸びやゼロ・エミッションの100%電気自動車(EV)の増加により、合計販売台数は前年比6.5%の増加となりました。
 
アライアンスの会長兼CEOであるカルロス ゴーンは、「2017年に1,060万台以上の乗用車およびLCVを販売したことで、ルノー・日産自動車・三菱自動車は世界一の自動車グループとなりました。この成長は、アライアンスのモデルラインアップの幅広さ、グローバルな市場プレゼンス、そして魅力的な自動車技術などによるものです。」と述べました。
 
2017年、アライアンスのメンバー3社は全10ブランド(ルノー、ニッサン、三菱自動車、ダチア、ルノー・サムスン、アルピーヌ、ラーダ、インフィニティ、ヴェヌーシア、ダットサン)の車種を約200ヶ国で販売しました。
 
ルノーグループは、2017年に前年比8.5%増の合計3,761,634台を販売しました。欧州第2位でフランスを代表するブランドであるルノーに加え、ダチアにとって過去最高の販売記録となりました。ルノーは2018年も「Drive the Future」計画に基づく国際的な取り組みや車種の拡大を通じた継続的な成長を目指しています。
 
日産自動車は2017年、6カ年の中期計画「Nissan M.O.V.E. to 2022」を開始し、全世界で前年比4.6%増となる5,816,278台を販売しました。このうち米国と中国での販売台数はそれぞれ前年比1.9%増、12.2%増となりました。インフィニティは2017年、前年比7%増の246,492台を販売しました。
 
三菱自動車は、2017年に前年比10%増の1,030,454台を販売しました。販売台数の増加は三菱自動車の中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」の重要市場である中国が牽引しました。現地生産の「アウトランダー」の強い需要にも支えられて中国での年間販売台数は前年比56%増の129,160台となり、同国が三菱自動車にとって最大の市場となりました。ASEAN地域での販売も、インドネシアで新型MPV「エクスパンダー」を発売したことなどにより、前年比17%増の242,224台と好調でした。日本では軽自動車の販売を再開したことにより、販売台数は前年比で7%増加しました。
 
EVリーダーとしての地位を維持
 
2010年に「日産リーフ」が発売されて以降、ルノー、日産自動車、三菱自動車によるアライアンスは世界中で累計540,623台の電気自動車(EV)を複数のブランドで販売しており、100%EVの乗用車・LCVの領域ではグローバルリーダーとしての地位を維持しています。
 
世界初の量産型100%EVである「日産リーフ」は2010年の発売以来、グローバルに累計30万台以上販売されており、現在世界で最も販売されたEVとなっています。
 
2017年には、以前よりも長い航続距離を持ち、先進的な技術を搭載し、ダイナミックなデザインを採用した新型「日産リーフ」が発表されました。新型「日産リーフ」は日本では2017年に発売され、2018年にはその他の市場でも発売が予定されています。「日産リーフ」にはグローバルで合計4万台以上の受注があり、そのうち日本では1万3,000台、米国でも1万3,000台、欧州では1万2,000台以上に達しています。
日産は「日産リーフ」に加えて商用タイプEV「e-NV200」を2014年以降、主に欧州と日本で販売しているほか、最近では欧州で航続距離を100km延長するアップグレードを行いました。
 
ルノーは2017年も3年連続で欧州のEV領域のリーダーとなり、市場シェアは23.8%、販売台数も前年比で38%増加しました。ルノーの「ゾエ(ZOE)」は欧州で最も売れたEVで、販売は前年比44%増加しました。2011年以降、ルノーは「ゾエ」、「カングー Z.E.(Kangoo Z.E.)」「フルエンス Z.E.(Fluence Z.E.)」、ルノー・サムスンの「SM3 Z.E.」を含め、累計15万台以上のEVを販売しました。ルノーは2017年に「マスターZ.E.(Master Z.E.)」を初公開し、世界でもユニークな、幅広いゼロ・エミッションLCVのラインナップが揃いました(「トゥイジー・カーゴ(Twizy Cargo)」LCV版「ゾエ」、「カングー Z.E.」「マスターZ.E.」)。
 
2017年、ルノー・日産自動車・三菱自動車が販売したEVは前年比11%増の合計91,000台でした。
 
「アライアンス2022」計画
 
6カ年計画「アライアンス2022」で、ルノー・日産自動車・三菱自動車は2022年末までに年間100億ユーロ以上のシナジーを見込んでいます。同計画では、ゼロ・エミッションEVを12車種発売し、自動運転技術を搭載した車種を40車種発売する予定です。
 
新車種や新技術の投入などにより、2022年末までにルノー・日産自動車・三菱自動車の年間販売台数は合計1,400万台以上、売上高は合計2,400億ドルに達すると見込んでいます。
 
アライアンスの主要10市場
 
販売台数 市場シェア
中国 1,719,815 6.2%
米国 1,697,149 9.8%
フランス 759,598 29.8%
日本 689,650 13.2%
ロシア 578,082 36.1%
メキシコ 412,029 27.0%
ドイツ 349,376 9.4%
英国 309,172 10.6%
イタリア 293,362 13.6%
ブラジル 267,835 12.3%
 
ルノーグループの主要10市場
 
販売台数*
フランス 673,852
ロシア 448,270
ドイツ 228,046
イタリア 215,901
スペイン 185,760
トルコ 178,646
ブラジル 167,147
イラン 162,079
英国 115,262
アルゼンチン 115,243
*「トゥイジー」を除く2017年年間販売台数
 
日産の主要10市場
 
販売台数
米国 1,593,464
中国* 1,519,714
日本 590,905
メキシコ 366,544
英国 167,379
カナダ 146,677
ロシア** 107,168
フランス 81,293
ブラジル 78,823
ドイツ 76,133
 *「ヴェヌーシア」ブランドを含む
 **カザフスタンを含む
 
三菱自動車の主要10市場
 
販売台数
中国 129,160
米国 103,685
日本 91,630
オーストラリア 80,674
インドネシア 79,885
フィリピン 71,097
タイ 69,737
ドイツ 45,197
英国 26,531
アラブ首長国連邦 24,497