2018年01月30日

企業

三菱自動車、2017年暦年の販売好調、業績回復が継続

  • 2017年暦年の販売台数が10%増の103万台に
  • 直近3ヶ月(2017年10-12月)の販売台数は前年同期比18%増
  • 中国で10万台以上を販売、当社にとって最大の市場に成長
  • 主要アセアン市場のインドネシア、タイとフィリピンも貢献
 
三菱自動車は本日、2017年暦年での販売台数が10%増となり、V字回復軌道を維持したと発表しました。
 
2017年暦年の当社のグローバル販売台数は、前年の934,000台から、103万台に増加しました。特に直近3か月(2017年10-12月)では、昨年同期の237,000台から、18%増の279,000台に大幅に増加しました。
 
販売台数増は、中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」で重要市場と位置づけている中国が牽引したものです。中国での販売台数は、56%増の129,000台となりました。現地生産しているミッドサイズSUV『アウトランダー』の好調によるもので、中国は当社にとって最大の市場に成長しました。
 
米国における販売も前年比8%増となり、2007年以来初めて10万台の大台に乗る104,000台を販売しました。
 
当社の強みであるアセアン事業も、インドネシアにおける新型MPV『エクスパンダー』の投入により好調でした。インドネシアでは昨年に新工場をオープンしており、販売台数は19%増の80,000台となりました。
 
その他では、タイ(26%増の70,000台)、フィリピン(20%増の71,000台)とオーストラリア(10%増の81,000台)が販売を伸ばしました。
 
アセアン全体の販売台数は、17%増の242,000台となりました。
 
さらに、ドイツでは16%増の45,000台となったほか、ロシアでは、経済回復により販売台数が45%増の24,000台となりました。一方で、UAEでの販売は24,000台と前年に比べ18%減少しました。
 
日本でも、2016年に一時生産停止していた軽自動車の販売再開により、前年比7%増の92,000台となりました。
 
トレバー マン COOは「当社は2017年、中国やアセアン市場での好調な販売などにより、良い結果を残すことができました。また、日本市場での販売は回復に向けた第一歩を踏み出すことができました」としました。
 
*2017年度業績予想は、1,029,000台の販売台数と2兆円の売上高を見込んでいます。