RISE(衝突安全強化ボディ)

万一の場合にも乗る人をしっかりと守る衝突安全強化ボディ RISE。

万一の衝突の際には、乗員が受ける衝撃を緩和し、かつ十分な空間が確保できる車体構造が重要です。当社では、独自の衝突安全強化ボディを採用し、前面、側面、後面の全方位での衝突安全性能を向上させています。

進化する「RISE」

進化する「RISE」

アウトランダーでの採用例

アウトランダーでの採用例

車体前後にはストレートフレーム構造を採用し、効率よくエネルギー吸収できる構造となっています。
客室(キャビン)部分は、変形を抑えるため高張力鋼板(ハイテン材)を多用し、乗員の安全性を確保しています。
エネルギー吸収スペースの少ない側面からの衝突に対しても、センターピラーやクロスメンバーにハイテン材を採用し、少ない変形で効率良くエネルギー吸収できる構造により乗員を守ります。