e-Assist

三菱自動車は、電波レーダーやカメラなどによって、安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を開発しました。

e-Assistは、以下のような機能のいずれか、もしくは複数から構成されており、ドライバーの安全な走りをアシストします。(どの機能が搭載されているかは、車両ごとに異なります。詳細はカタログ等をご確認ください。)

【衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)】

先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。

【低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)】

低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。

【車線逸脱警報システム(LDW)】

走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促します。

【レーダークルーズコントロールシステム(ACC)】

渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とします。

【誤発進抑制機能】

シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。

【誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)】

前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。

●  FCM、LDW、ACC、FCM-City、誤発進抑制機能、誤発進抑制機能(前進&後退時)は、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。

●  FCM、ACC、FCM-Cityは、前方車両に対して作動します。二輪車、歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によっては作動する場合があります。

●  FCM、LDW、ACC、FCM-City、誤発進抑制機能、誤発進抑制機能(前進&後退時)は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

システム概要

e-Assistは、主に以下のコンポーネントから構成されます。

【電波レーダー:ACC、FCM 用】

フロントグリルの内側に装着された電波(ミリ波:77GHz)レーダーが、先行車を検知して車間距離や相対速度を監視します。

【カメラユニット:LDW 用】

フロントウインドシールド上部に装着され、前方の車線位置を監視します。レンズが曇りにくくなるよう、ウインドシールド内側に密着してカメラを装着することで、高精度を維持。また、雨滴感応オートワイパー用のレインライトセンサー機能も内蔵しています。
これらで得られた情報に基づき、ACC・FCM では、エンジン・トランスミッション・ブレーキ等を統合制御し、車両を自動で加速・減速・停止させることで、先行車との追従走行(ACC)や、先行車との衝突回避または衝突被害軽減(FCM)をサポートします。また、FCM・LDW・誤発進抑制機能では、警報や警告表示でドライバーに危険を知らせて、安全の確保を図ります。

【赤外線レーザーレーダー:FCM City、誤発進抑制機能用】

フロントウインドシールド上部に装着された赤外線レーザーレーダが、前方の先行車、障害物を検知して距離や相対速度を監視します。

【超音波センサー:誤発進抑制機能(前進&後退時)用】

フロントバンパー・リヤバンパーに装着された超音波センサーが、進行方向の車両や障害物を検知して距離を監視します。

各機能について

【衝突被害軽減ブレーキシステム(Forward Collision Mitigation system:FCM)】

<アウトランダー、アウトランダーPHEV採用>
先行車との距離や相対速度を監視し、先行車の減速・停止等による車間距離の減少をいち早く検知。ほぼ真後ろから前方車両に追突する危険性があると判断したときに、表示と音で警報するとともに、衝突不可避と判断した場合は、緊急ブレーキを作動させて、衝突被害を軽減または衝突を回避します。

システム作動パターン

●  前方車両との速度差が約30km/h以下で衝突を回避し、または衝突被害を軽減します。前方車両との速度差が30km/hを超える場合には、警報で注意を促しますが、衝突は回避できません。

●  停止保持機能がないため、停車後、2秒以内でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。

●  ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っている時は、作動しない場合があります。

【車線逸脱警報システム(Lane Departure Warning system:LDW)】

<アウトランダー、アウトランダーPHEV採用>
高速走行時、前方の車線を監視し、車線を逸脱しそうになると表示や警報で注意を促します。
この機能は、例えば方向指示器を操作せずに走行車線から外れそうになった場合など、ドライバーが意図せずに車両が車線変更する場合に作動します。

システム作動パターン

●  ターンレバーをONからOFFにした後、約7秒間はLDWの作動を禁止します。

●  約260cmの狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。

【レーダークルーズコントロールシステム(Adaptive Cruise Control system:ACC)】

<アウトランダー、アウトランダーPHEV採用>
先行車との距離や相対速度を監視し、ドライバーが設定した車間(3段階に設定可能)を保って、先行車の停止状態まで追従走行します。
この機能は、高速道路などでの渋滞時、発進や停止を繰り返すような状況でも、頻繁にアクセルやブレーキを操作するわずらわしさを解消。また、先行車が加減速しても、ぎくしゃくしない上質な走りが実現できるよう綿密にチューニングしました。

システム作動パターン

[ACC専用表示エリア]

ACC専用表示エリア
ACC専用表示エリア

●  停止保持機能がないため、停止後約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。

●  先行車追従機能は、40km/h未満でも作動し、先行車がいなくなった場合でも、作動は継続。その際、設定速度まで加速します。

【低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)】

<ekシリーズ採用>
低速走行時(約5~約30km/h)先行車との距離や相対速度を監視し、先行車の減速・停止等による車間距離の減少をいち早く検知。ほぼ真後ろから前方車両に追突する危険性があると判断したときに、表示と音で警報するとともに、衝突不可避と判断した場合は、緊急ブレーキを作動させて、衝突被害を軽減または衝突を回避します。

システム作動パターン 衝突の危険が極めて高いとき

●  低速走行時(約5~約30km/h)に作動します。

●  前方車両との速度差が約15km/h以下の場合は衝突を回避し、約30km/h以下の場合は衝突被害を軽減します。

●  停止保持機能がないため、停車後約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。

●  ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っている時は、作動しない場合があります。

【誤発進抑制機能】

<ekシリーズ採用>
前方(約4m以内)の障害物を検知している状態で、ペダルの踏み間違いなどの操作ミスによりアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合は、警報とともにエンジン出力を抑制。急な発進を防止し、衝突被害を軽減します。

システム作動パターン 誤発進抑制機能

●  停車~約10km/hでの走行時に作動します。

●  エンジン出力を最長約5秒間抑制し、発進をゆるやかにします。(エンジン出力抑制中もクリープ力は保持されます。)

●  ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

●  ガラスの壁面(ガラスドア/ショーウインドウ)や網目状のフェンスなど赤外線レーザーが反射しにくいものに対しては作動しない場合があります。

【誤発進抑制機能(前進&後退時)(Ultrasonic misacceleration Mitigation System :UMS)】

<アウトランダーPHEV採用>
進行方向(約4m以内)の障害物を検知している状態で、ペダルの踏み間違いなどの操作ミスによりアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合は、警報とともにモーター出力を抑制。急な発進を防止し、衝突被害を軽減します。

誤発進抑制機能(前進&後退時)(Ultrasonic misacceleration Mitigation System :UMS

●  停車~約10km/hでの走行時に作動します。

●  モーター出力を最長約5秒間抑制し、発進をゆるやかにします。(モーター出力抑制中もクリープ力は保持されます。)

●  ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

●  網目状のフェンスや鋭角的な形状のものなど、超音波が反射しにくいものに対しては作動しない場合があります。