Mitsubishi Motors
JP EN
menu menu-close
JP EN

アウトランダーPHEV

『アウトランダーPHEV』の2019年モデルを世界初披露

三菱自動車は、2018年3月6日(火)から18日(日)までスイス・ジュネーブで開催される第88回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、プラグインハイブリッドEVシステムを大幅に進化させ、今夏より日欧で発売する計画の『アウトランダーPHEV』(2019年モデル)を世界初披露します。

(1)進化のポイント

三菱自動車はSUVタイプのプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を2013年に他社に先駆け発売し、以降5年間で様々な改良を重ね進化してきました。その間、グローバルでの累計販売台数は14万台、うち欧州では10万台を突破し、PHEVの分野をリードしてきました。
『アウトランダーPHEV』は三菱自動車の技術の粋を集めたフラッグシップモデルです。EVの課題であった航続距離、ディーゼル車の課題であった静粛性等を解決し、お客様の「行動範囲を広げたい、様々なことに挑戦したい」という想いに応えるプラグインハイブリッドEVです。
今回の2019年モデルでは、システムを大幅に改良し、パワフル且つ高い静粛性が生みだすモータードライブ感を増すことで「よりEVに」、ツインモーター4WDシステムによる車両運動統合制御システム「S-AWC」の走行性能を高めることで「よりSUVに」進化させました。

(2)プラグインハイブリッドEVシステム

  • ・新設計した駆動用バッテリーとエンジンを搭載し、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割のコンポーネントを改良し、プラグインハイブリッドEVシステムをアップデートしました。
  • ・エンジン排気量を2.4Lとし、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化、低回転域で効率のよい発電を可能としました。またエンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感が低減し、モーター駆動が生み出す気持ちよい走りを、より楽しめるようにしました。
  • ・駆動用バッテリーの容量を約15%向上させ、最高出力も約10%向上させました。さらにジェネレーターやリヤモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを実現しました。

(3)車両運動統合制御システム「S-AWC」

  • ・モーターのレスポンスを高め、かつ前後駆動力配分を最適化することで、旋回性能と加速性能を最大限高めた「SPORT」モードを追加しました。これにより、ワインディングなどでもレスポンスよく、キビキビとしたスポーツ走行を可能としました。
  • ・モーターのレスポンスや車両挙動を穏やかにすることで、氷雪路のような滑りやすい路面での安定性とコントロール性を高め、より安心な運転を可能とする「SNOW」モードを追加しました。

(4)デザイン

  • ・エクステリアでは、LEDヘッドライト、LEDフォグランプベゼル、ラジエターグリル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレートのデザインを変更し、質感を向上させました。また、フィン形状の新デザインアルミホイールと空力性能を向上させるリヤスポイラーの追加により、機能性やスポーティさを高めました。
  • ・インテリアでは、パワーメーターの表示をモーターとエンジンの出力状況が分かるように変更し、機能性を向上させました。またサポート性を高めたキルティング本革の新形状シートを採用し、レーザーエッチングを施したオーナメントパネルと組み合わせ、上級感を高めました。

●基本諸元

全長×全幅×全高(mm) 4,695×1,800×1,710
ホイールベース(mm) 2,670
トレッド 前/後(mm) 1,540/1,540
エンジン 2.4L MIVEC DOHC 16バルブ 4気筒
モーター 前後2モーター
駆動用バッテリー リチウムイオンバッテリー
駆動用バッテリー 総電力量(kWh) 13.8

アウトランダーPHEV ムービー

  • THE NEW MITSUBISHI OUTLANDER PHEV