クルマの学校

運転姿勢ひとつで、いろんな影響が

運転姿勢は、快適なドライビングのための基本項目です。
正しい運転姿勢は、疲れない、安全視界が保てて危険を早く発見できるなど、
良いことがたくさんあります。
また、運転操作が迅速になり、スポーティな走行にも効果的です。

ハンドルに近過ぎるとミラーが見えにくいなど視野が狭くなり、遠過ぎると的確なハンドル操作をしにくくなります。 また、いざというとき、背中が背もたれから離れてしまい体が不安定になります。

シューズ

「運転」は、ただ座っているのとは違います。ペダルの操作やとっさに体を支える場合、ヒールやサンダルでは危険です。かかとの低いスニーカーやドライビングシューズが良いでしょう。