人

人々に寄り添い、笑顔あふれる生活の実現に貢献します。

小学生自動車相談室

小学生自動車相談室

1993年から毎年、小学5年生の社会科で「自動車産業」の授業が行われる夏から秋にかけて、「小学生自動車相談室」を開設しています。
小学生からは「ハンドルはどうして丸いの?」「1台の車をつくるのにどのくらい時間がかかるの?」「電気自動車はどのような仕組みで動いているの?」など、様々な質問が寄せられています。
2018年度は110件のお問い合わせにお答えしました。

詳しくはこちら

こども向けパンフレット

こども向けパンフレット

1993年に創刊。「自動車産業」を学習する小学5年生の社会科の副教材として、クルマづくりに関するパンフレットを無料で配布しています。

詳しくはこちら

こども向けサイト

こども向けサイト

バーチャル工場見学や電動車の紹介、自由研究のテーマ、交通安全に関するクイズなど、こどもたちが楽しみながら学べるコンテンツを当社ウェブサイト内にご用意しています。こども向けパンフレットと併せてご活用いただくと、より効果的に学習できます。

詳しくはこちら

体験授業プログラム

本社

岡崎

京都

滋賀

水島

PMC

体験授業プログラム

「本物の体験を通じて楽しく学ぶ」をコンセプトに、2005年から毎年、各地区の教育委員会などと連携して当社社員を国内事業所近隣の小学校に派遣しています。
小学5年生の社会科授業として、クルマと環境問題との関係性を学ぶ「環境編」や、ものを創る楽しさやクルマに携わる仕事を学ぶ「デザイン編」の授業を行っています。
2018年度は56校3,418人が受講し、2005年からの受講者累計は約39,000人となりました。

詳しくはこちら

先生からの声

体験授業を通して、子どもたちは自動車会社がどれだけ環境に配慮して車をつくっているのかを学ぶことができました。電気自動車にも実際に乗せていただき、その静かさに子どもたちは驚いていました。実際に目にしたり体験したりすることで子どもたちの記憶にも残ったと思います。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
(2016年度実施校 東京都品川区立清水台小学校 教諭)

企業訪問学習

本社

企業訪問学習

将来について考え視野を広げるため、修学旅行や総合学習を利用して企業を訪問する中学生の受け入れを行い、働くことへの理解を深める機会を提供しています。
2019年度は19校111人の中学生が来社し、2002年からの累計は約1,350人となりました。

詳しくはこちら

キッザニア

キッザニア

2006年10月の「キッザニア東京」に続き、2009年3月にオープンした「キッザニア甲子園」にも協賛し、運転免許試験場やレンタカーなどのキッザニア内のパビリオンに出展しています。
子どもたちが自ら考え、行動することで、社会の仕組みの理解や協調性・積極性・コミュニケーション能力など生きる力を身につけるお手伝いをしています。

詳しくはこちら

社会体験アプリ「ごっこらんど」

社会体験アプリ「ごっこらんど」

2019年4月26日より社会体験アプリ「ごっこランド」に協賛し、パビリオン「はしれ!!でんきじどうしゃ」と「じどうしゃこうじょうたいけん」を出店しています。子どもたちにガソリン・ディーゼル車と電気自動車やプラグインハイブリッド車の構造の違いや、電気が持つエネルギーソースの多様性という価値を楽しみながら学んでいただくことを目的としています。

【ごっこらんど公式サイトはこちら】

キッズエンジニア

岡崎

キッズエンジニア

自動車を中心とした様々な分野の科学技術やものづくりの楽しさを子どもたちに体験学習してもらう夏休みイベント「キッズエンジニア2019」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展しました。
三菱自動車ブースでは、「空気の抵抗」をクルマの模型を使って分かりやすく学べるワークショップを開催し、192組の親子に参加いただきました。

学生フォーミュラチームへの支援

岡崎

学生フォーミュラチームへの支援

学生が自ら構想・設計・製作した車両により、ものづくりの総合力を競う「学生フォーミュラ日本大会」(主催:公益社団法人自動車技術会)への支援を行っています。
2018年度は社員14人がスタッフとして大会運営をサポートしました。

販売店でワークショップ「エネルギー環境実験ラボ」開催

販売店でワークショップ「エネルギー環境実験ラボ」開催

「電動DRIVE STATION」の店舗ではエネルギーや環境をテーマにした子ども向けワークショップイベントを開催し、エネルギーや環境、電動車両への理解を深めていただくとともに、次世代を担う子どもたちの育成、地域コミュニティの構築に寄与する店舗として取り組んでいます。 2019年度は15回開催し、2017年からの累計は86回となりました。

詳しくはこちら

絵本を届ける運動

本社

岡崎

京都

滋賀

水島

絵本を届ける運動

子ども向け図書の発行が少ないカンボジアやラオスなどの子どもたちに絵本を届けるため、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会が主催する「絵本を届ける運動」に賛同し、支援しています。2018年度は社員およびその家族ボランティア100人が、日本語の絵本に現地語訳シールを貼る絵本づくりを行いました。

社員ボランティアによる劇団「くるま座」

水島

社員ボランティアによる劇団「くるま座」

水島地区に勤務する有志で結成された劇団「くるま座」は、2019年7月で創立17周年を迎えました。
「笑顔と感動をプレゼントしたい」をモットーに老人保健施設を中心に芝居の公演を行っています。
2018年度は4公演、累計で100公演となりました。

劇団員からの声

劇団員からの声

劇団「くるま座」発足当時から変わらないのは、中村座長の元気な笑顔と誉め言葉です。観てくださったお客様が笑顔で喜んでくださる姿に元気をもらって、ボランティアだからこそ味わえる面白さや経験を積めるから、続けられます。笑う門には福来る。今年も団員の皆で力を合わせて笑顔を届けてきます。
(生産技術部 森田 真理枝)

障がい者の就労支援活動

本社

岡崎

滋賀

障がい者の就労支援活動

社会福祉法人を通じて地元自治体からの要請を受け、就労に向けての技術習得を目指す障がい者が製造した食料品(パン、クッキーなど)を事業所内で販売する日を設け、社員が購入しています。

支援先からの声

支援先からの声

普段は施設の中にいて外との交流のない利用者(障がい者)が、社会に出て役割をもつことはとても貴重な機会となっています。パンの製造も、焼くまでの工程は利用者が行っています。ほかにもその日の売り上げを電卓で計算するなど、パンの販売活動を通じて少しずつ自分で考えてできることが増えてきました。今後も利用者が自分でできることができる機会を増やしていきたいです。
(社会福祉法人グロー 販売指導員 里見 基世 様)

チャイルド・スポンサーシップ

チャイルド・スポンサーシップ
STEP募金

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパンを通じ、開発途上国の子どもたちが元気に成長できるよう、地域の環境改善とニーズにあった貧困解決のための開発を支援しています。2018年度は社員有志からの募金に会社からのマッチングギフトを合わせ約430万円、2009年度から累計約1380万円を寄付しました。

©World Vision Japan

支援先からの声

支援先からの声

アジア、アフリカ、中南米の12ヶ国で、子どもたちの健やかな成長を支えていただいています。たとえばエチオピアのエムベトちゃんは教育を受け、保健衛生の知識も増え、この地域全体の学力レベルと衛生環境が大きく改善しました。ご支援に心より感謝を申し上げます。
(特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン スポンサーサービス課 清海 陽子 様 )

フィリピン:小学校の新校舎建設を支援

フィリピン:小学校の新校舎建設を支援
STEP募金

国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパンの協力を得て、フィリピン共和国 サマール州サンタ・リタ市カマイシ小学校の新校舎建設を支援しました。
新しい校舎が建設されたことにより、これまで学年が1つの教室で勉強していた状況が改善されました。
また、本支援を実施することにより、地域社会全体が子どもの教育の重要性について理解を深め、より積極的に学校運営に参加していただけるようになることを目指します。
©World Vision Japan

インドネシア職業訓練校支援

ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)は創業年度の2017年に職業訓練学校への支援プログラムを開始しました。2018年には、本プログラムを西ジャワ州にある10の職業訓練校で実施し、 計1,044人の学生が参加しました。