三菱自動車とは 三菱自動車とは

三菱自動車は、1970年に三菱重工業から分かれてできました。日本の自動車会社の中では、新しい会社です。しかしクルマをつくりはじめた歴史は古く、1917年(大正時代)には日本で初めての量産自動車「三菱A型」をつくり、現在では、生産台数は1年間に100万台以上にもなり、国内だけでなく海外の国々でも生産しています。 三菱自動車は、1970年に三菱重工業から分かれてできました。日本の自動車会社の中では、新しい会社です。しかしクルマをつくりはじめた歴史は古く、1917年(大正時代)には日本で初めての量産自動車「三菱A型」をつくり、現在では、生産台数は1年間に100万台以上にもなり、国内だけでなく海外の国々でも生産しています。
三菱A型 三菱A型
三菱自動車は、すべりやすい雪道や砂地、でこぼこ道を安全に走ることができるクルマや、電気で走るクルマづくりが得意です。 三菱自動車は、すべりやすい雪道や砂地、でこぼこ道を安全に走ることができるクルマや、電気で走るクルマづくりが得意です。

三菱みつびしマークは、土佐とさいま高知県こうちけん)のさむらいだった岩崎いわさき弥太郎やたろう家紋かもん三階菱さんかいびし)と、土佐藩とさはん藩主はんしゅだった山内家やまうちけ家紋かもん三ツ柏みつがしわ)をわせたもので、明治めいじ43ねん現在げんざいのマークになりました。