三菱自動車社会貢献ブログ

     

 

 

 

東日本大震災から9年
2020-3-31

こんにちは。社会貢献推進室の菊地です。

 

今年で東日本大震災の発生から9年を迎えます。

震災の犠牲になられた方々に謹んで哀悼の意を表わすとともに、今なお、避難生活を送られている皆様の生活が安定され、一日も早い復興を心から願います。

 

当社は震災直後から被災地のニーズに耳を傾け、本業を活かした支援や日常の中で支援する仕組みをつくり、様々な支援活動を行なってきました。

そして、現在は「被災地での活動」と「被災地に足を運ばなくても参加できる活動(日常にできること)」の2つを柱に継続して活動を推進しています。

 

まず「被災地での活動」として、被災地沿岸部での植樹活動(鎮守の森のプロジェクト)を行っています。

この活動は、東日本大震災被災地沿岸部に震災瓦礫を埋めて盛土を築き、土地本来の樹種を植樹し、津波からいのちを守る森の防潮堤を築こうという活動に参加しています。2014年度からのべ420名の社員ボランティアが活動をしてきました。

 

 

次に「被災地に足を運ばなくても参加できる活動(日常にできること)」として、「飲む支援」、「三菱自動車STEP募金」の活動を行っています。

「飲む支援」は、当社カフェテリアでの商品(一部商品)や構内に設置している飲料自動販売機の商品を購入するごとに10円を復興支援として寄付するというものです。

「三菱自動車STEP募金」※は、この募金に参加することで、継続的に復興支援に寄付ができるというものです。

いずれも集まった寄付金は、震災で親を亡くした子供たちの進学支援(みちのく未来基金)に寄付しています。

 

※「三菱自動車STEP募金」三菱自動車グループの社員が自主的に毎月の給与から定額を継続的に募金し、積み立てた募金を社会貢献活動方針に基づき有効に役立てるもの。

 

当社ではこのような活動を行うことで、被災地を「忘れない」「応援し続ける」気持ちを忘れず、被災された方々へ想いを寄せ、自分にできることを考えて継続して支援しています。

 

 

 

     

最新の記事一覧 RSS 2.0

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.