三菱自動車社会貢献ブログ

     

 

 

 

社員プレゼンターによる森の積み木寄贈
2020-3-9

こんにちは。社会貢献推進室 菊地です。

 

当社では、「三菱自動車 STEP募金」(※)の活動の一環として、「森の積み木」プロジェクトと称し、幼稚園・保育園などにひのきの間伐材で作られた「森の積み木」を寄贈しています。

今回は新たな取り組みとして、社内で積み木のプレゼンターを募集し、社員と縁のある施設に自ら訪問し寄贈しました。

 

※三菱自動車STEP募金:三菱自動車グループの社員が給与から定額を募金し、それを原資として当社の社会貢献活動方針に基づき役立てる活動。本プロジェクトの他、開発途上国の発展や自然災害の被災地復興活動を支援。

 

 

<寄贈した保育園・幼稚園・施設> 全20箇所

竹之丸保育園(神奈川県横浜市)、八幡幼稚園(兵庫県神戸市)、小垣江東幼稚園(愛知県刈谷市)
美原保育園(東京都大田区)、深溝保育園(愛知県額田郡)、竹の子幼稚園(愛知県岡崎市)
蕨ゆたか保育園(埼玉県蕨市)、松沢保育園(東京都世田谷区)、学童保育所北野こどもの家(滋賀県野洲市)平安女学院大学附属こども園(大阪府高槻市)、志貴保育園(愛知県安城市)、きよすみ保育園(愛知県名古屋市)すすき野保育園(神奈川県横浜市)、北品川保育園(東京都品川区)、保育所ベビーキッズクラブ(愛知県豊橋市)品川教会附属幼稚園(東京都品川区)、高洲こども広場(静岡県藤枝市)、藤枝子ども広場(静岡県藤枝市)けやきわかば保育園(埼玉県富士見市)、聖ルカ保育園幼稚園

 

<寄贈先の先生方の声>

・ 植林した森で間伐された木々を、こうして積み木にしてプレゼントされるなんて素晴らしい活動ですね。
子供たちにも樹木の大切さを教えながら遊ばせて頂きたいと思います。

・ 自然のものでぬくもりを感じられ、子供たちにも安心して使ってもらえます。大切にさせて頂きます。ありがとうございました。

・ 積み木を積んで形を作ったり、積み木のぶつかり合う音を楽しんだりする姿が見られました。保護者からは木の匂いに癒される、口に入れてしまっても塗料がついていないので安心という声がありました。積み木はシンプルであればあるほど、子どもが想像力を付け加えやすく遊びこみやすいと考えます。良質な玩具ですので、大切に使わせていただきます。

 

<プレゼンターを行った社員の声>

・ 積み木を見た瞬間に、子供たちの歓声が上がりました。子供たちの嬉しそうな顔、反応を見て積み木を寄贈することができて良かったと深く感じました。社として今後も社会貢献活動を続けて頂き、また機会があれば関わりたいです。

・ 直接自分で持っていくことで、一緒に喜びを分かちあえたことが良かったです。やりがいのある素敵な体験になりました。

・ 積み木を箱から出した瞬間、教室がフワっとヒノキの香りにつつまれたのが印象に残っています。たくさんの園児がこの積み木で遊んでくれたらうれしく思います。

 

寄贈する「森の積み木」は、当社が森林の保護・育成に取り組んでいる「パジェロの森」がある山梨県の天然無垢なヒノキの間伐材で作られており、寄贈先からは無塗装・無垢ならではの良い香りと木本来の手触りを感じられると大変好評です。また、無塗装なので、小さなお子様が口に入れても安心なんです。

 

当社の環境保全の取り組みが、間伐材の有効活用という形で、子どもたちに自然木で遊ぶ機会の提供に繋がったことも嬉しく思います。

 

これからも、森の積み木がたくさんの子どもたちに届くよう、活動してまいります!

 

 

 

     

最新の記事一覧 RSS 2.0

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.