三菱自動車社会貢献ブログ

     

 

 

 

中学生に「一緒に次世代の車を開発しよう!」
2020-3-5

こんにちは、岡崎製作所 総務の河合です。

 

2月7日(金)に岡崎市立甲山中学校の1年生を対象とした職業セミナーで、現在開発管理部のマネージャーで、三菱オートギャラリー館長を務める菅沼靖典さんが講義をしました。

講義は30分と限られた時間でしたが、三菱自動車に入社するにはどんな学校に進むと良いか、今取り組んでおくべきこと、三菱自動車の開発に関するお話しとして開発前のリサーチから車が完成するまでの流れについて紹介しました。

また、プラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』の給電機能を含めた特徴を紹介。災害発生時に給電機能が役立つ電動車を速やかに全国の自治体に提供する取り組みや視覚障がい者のために盲導犬の代わりとなる人工知能を搭載したスーツケース型ロボットを開発しているという話に生徒たちが真剣に耳を傾けてくれました。最後に「将来どんな車が走るのか一緒に考え開発していきましょう!」と講義を締めくくりました。

 

校長先生および先生方から、今回生徒たちにお話した語学力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力が社会で必要になるというポイントについて、「学校の授業で先生が生徒にいつも伝えていることを、今回の講義ですべてお話し下さいました」と好評頂きました。それぞれのスキルの重要性がより生徒に理解してもらえたのではないかなと思いました。

 

 

 

 

 

     

最新の記事一覧 RSS 2.0

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.