三菱自動車社会貢献ブログ

     

 

 

 

中学生「将来またランエボが走る時が来るかな?」
2020-2-18

こんにちは、岡崎製作所 総務の河合です。

 

先日の 安城市立西中学校の職業セミナーに続き、1月28日(火)にデザインマネジメント部の山守功二マネージャーとエクステリアデザイン部の石塚 雄一郎さんが安城市立東山中学校で1年生を対象とした職業セミナーの講義を行いました。

私たちの職業セミナーの参加者は自動車好きを中心とした男子生徒が多い傾向ですが、今回は “デザイン” に興味をもっている女子生徒も多く参加してくれました。

講義ではデザイナーの石塚さんがデザインの学校に進むきっかけとなったお話をした他、デッサンデモやクレイモデル(専用粘土で出来た車のモデル)製作に使われるクレイの削り体験もしてもらいました。

デッサンデモでは間近でデザイン画を描くと生徒から歓声があがりました。クレイを削る体験では生徒から「カレーのルーを削っている感じがする」と面白い発想。先生方にもとても興味を持って頂き、校長先生からは「生徒たちにとって貴重な体験ができました」と、皆さんに喜んで頂けたように思います。

 


講義

デッサンデモ

クレイ削り体験

クレイモデルに興味深々

 

また、車が大好きな生徒から、2016年まで生産していた『ランサーエボリューション(ランエボ)』について「将来復活しませんか?」など熱心にたくさんの質問をいただきました。今も『ランエボ』は人気ですね!

 

今回の職業セミナーも、生徒たちが将来について考えるきっかけになったように思いました。また、このような活動で関わりを持てた生徒たちと将来一緒に働くことができたら、嬉しいです。

 

 

 

     

最新の記事一覧 RSS 2.0

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.