三菱自動車社会貢献ブログ

     

 

 

 

今年もパジェロの森で新人研修
2019-6-14

こんにちは。ビジネスパートナー人事部 今泉です。
5月17日(木)~18日(金)にかけて、第二期パジェロの森で新入技能訓練生による森林整備活動を実施しました。
この活動は2015年より実施しており、今回で5回目となります。例年は、岡崎製作所、京都製作所、水島製作所の合同研修を通じて実施していましたが、今年度は岡崎製作所の技能訓練生80名が参加しました。
初日は早川町関係者の皆様、オイスカの皆様のご協力のもと、間伐、森の中の歩道整備等を実施しました。
パジェロの森での作業が終了した時には、何もない所に道ができ、目に見えて環境が変わり、大きな達成感が得られた様子でした。
●開会式


●パジェロの森での作業風景



2日目には環境整備活動として、NPO法人早川エコファームの農園で、外来種抜きやそば種まき、獣除けフェンスの設営などを実施しました。



活動を通じて、当社の環境への取り組みを理解するとともに、実際に作業を体験することにより、自身の今後の業務に活かすことを目的に取り組みました。また新人技能訓練生からは、「グループでの活動により、チームワークの大切さを学ぶことができた」という声もあり、有意義なものとなりました。

<感想>
・木を間伐するのは、森の健康を守る為に行っているということを学びました。三菱自動車の新入社員が自らこういった作業に取り組むことで、周りから見てもいい影響ばかりだと思いました。今後、会社のこういった活動には個人での参加となると思います。もし機会があれば積極的に参加をし、今回のように人の為になるような活動をしたいと思います。(尾﨑 悠太)
・作業を終えて見てみると、草だらけだったのが道になっていたので達成感がすごくありました。私たちが作業に加わった事により「2日掛かる仕事を2時間で終える事が出来た。」と現地の方に感謝された時は、本当にやりがいを感じました。(西口 祐希)
・自分たちが行った森林保全や畑の草刈り作業に携わり、色んな方から「ありがとう」と言われ、今後の自信につながりました。しかし反省点もあります。畑作業の際、僕たちの班は連携がうまく取れず効率よく作業が行えませんでした。今回の失敗を糧にし、今後の業務に活かしていきたいです。(宮田 恭輔)
・森で木を切ったり、運んだり、道を造ったりと大変でしたが、皆で声を出し合い、気合を入れながら頑張れたと思います。この取り組みを通じて、環境の事や協力して取り組む事の大切さを学ぶ事が出来ました。また、今回の研修を通じて班員の中で話し合う機会が多く、関係が前より良くなっていると思います。(簗瀬 茉美)

 

 

 

     

最新の記事一覧 RSS 2.0

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.