ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > モーターショー

モーターショー



2008年1月14日
三菱自動車、2008年デトロイトモーターショー出品概要


MITSUBISHI Concept-RA


ランサー ラリーアート
三菱自動車と、同社の米国製造・販売会社である北米三菱自動車株式会社(MMNA: MITSUBISHI MOTORS NORTH AMERICA, Inc. 在米国カリフォルニア州サイプレス)は、2008年1月13日(日)から27日(日)[一般公開は19日(土)から]まで米国デトロイトのコボ・センターで行われる北米国際自動車ショー(North American International Auto Show 通称デトロイトモーターショー)で、車両運動統合制御システム「S-AWC*1」や、高効率トランスミッション「Twin Clutch SST*2」に加え、高出力、高効率の新開発クリーンディーゼルエンジンを搭載し、同社のクルマづくりの柱である「走る歓び」と「環境への貢献」を具現化したスポーツクーペのコンセプトカー『MITSUBISHI Concept-RA*3』を世界初披露した。

さらに、昨年春から北米市場で販売を始めた『ランサー』(日本名:『ギャラン フォルティス』)に、2.4L MIVEC*4 4気筒 DOHCエンジン搭載車を追加設定するとともに、新開発の2L MIVEC 4気筒 DOHC ターボチャージャー付きエンジン[最高出力177kW(240PS)、最大トルク343Nm(35kgm)]を搭載した、2008年夏に発売予定の『ランサー ラリーアート』を発表した。

また、昨年末に北米市場で発表した誰もが気持ちよく安心して「高い次元の走り」を楽しめる新世代ハイパフォーマンス4WDセダン『ランサーエボリューション』(日本名:『ランサーエボリューションⅩ(テン)』と、昨年の東京モーターショーにも出品した、同車の特長技術である"意のままの操縦性と卓越した安定性"を実現する車両運動統合制御システムS-AWCのシャシーモデルや、S-AWCの効果が体感できる「S-AWCシアター」などを出展した。さらに、三菱自動車のクルマづくりの最重要テーマである「環境への貢献」に関しては、『MITSUBISHI Concept-RA』にも搭載し、低燃費、かつ米国の排出ガス規制「Tier2 Bin5」も視野においた次世代クリーンディーゼルエンジン、動力伝達効率に優れるTwin Clutch SSTに加え、三菱自動車独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」などを出品した。

*1  S-AWC: Super-All Wheel Control
*2  SST: Sportronic Shift Transmission(北米)(日本:Sport Shift Transmission)
*3  RA: Road Alive(の略称)
*4  MIVEC: 連続可変バルブタイミング機構 Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system

1. MITSUBISHI Concept-RA

『MITSUBISHI Concept-RA』は、三菱自動車のクルマづくりの柱でもある「走る歓び」と「環境への貢献」を具現化するコンセプトカーとして『ランサーエボリューションⅩ(テン)』にも搭載している車両運動統合制御システム「S-AWC」や、高効率トランスミッション「Twin Clutch SST」に加え、高出力、高効率の新開発クリーンディーゼルエンジンや、軽量化のためのアルミスペースフレーム構造など採用した。
(1) デザイン
エクステリアデザインは、「三菱自動車の技術のショーケース」をテーマとし、スタイリッシュなスポーツクーペのプロポーションの中に、S-AWCの効果を的確に路面に伝える大径の21インチホイールと、それを際立たせる力強いホイールアーチ、そして、外部に露出したクリーンで高性能な新開発クリーンディーゼルエンジンのエンジンカバー等、特長技術を象徴的にデザインした。さらに、『ランサー』『ランサーエボリューション』より採用している、三菱自動車の新しいデザインアイデンティティである、フロント台形グリルと逆スラントノーズの組み合わせをスポーツクーペに相応しい形にアレンジして採用した。
エクステリアカラーは、滑らかなボディラインの美しさを強調する特徴的なレッドを基調に、ボンネットフードを機械的で力強いイメージを与えるマットブラック仕上げとした。
インテリアは「先進と伝統との融合」をテーマに、インストルメントパネルまわりは、必要最小限の表示系、操作系を最適にレイアウトすることで、ドライバーの負担を軽減し、運転に集中できる「ラップアラウンドコントロールレイアウト」を採用。また、上質な自然素材を多用するなど、ドライバーに安らぎや安心感を与える事にも配慮したデザインとした。
(2) メカニズム
『MITSUBISHI Concept-RA』に搭載するS-AWCは、『ランサーエボリューションⅩ』に搭載されている「ACD*1」「AYC*2」「スポーツABS*3」「アクティブスタビリティコントロール(ASC)*4」に加え、「アクティブステアリング」「アクティブダンパー」を追加。これらを統合制御することで4輪の駆動力、制動力を高度にコントロールし、通常走行から緊急回避時まで様々な走行状況で駆動性能、旋回性、安定性を向上させ、ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現する。また、エンジンは、2.2L 直列4気筒 DOHC 16バルブのクリーンディーゼルエンジンを採用。これは、低速時と高速時で吸気弁の動作タイミングを切替えるMIVEC機構、コモンレールとピエゾ式インジェクターによる燃料噴射装置の採用などにより低圧縮比が可能となり、更に、最適な過給圧の得られるVD(Variable Diffuser)/VG(Variable Geometry)ターボを搭載することで、最高出力150kW(204ps)、最大トルク420Nm(42.8kgm)を発生する。また、米国の排出ガス規制「Tier2 Bin5」への対応を視野におき、DOC(Diesel Oxidation Catalyst)およびNTC(NOx Trap Catalyst)、DPF(Diesel Particulate Filter)を組み合わせた新たな触媒システムを採用するなど、高出力、高効率、そして排出ガス性能に優れた新世代エンジンである。
さらに、ボディ構造は、軽量化と衝突安全性能向上を狙いとしたアルミ押し出し材とアルミダイキャスト材を組み合わせたアルミスペースフレーム構造と、フード、フェンダーなど外板部分には、耐衝撃性、リサイクル性に優れた樹脂外板を組み合わせて採用した。

 
*1   ACD (Active Center Differential)
*2   AYC (Active Yaw Control)
*3   スポーツABS (Sport Antilock Brake System)
*4   アクティブスタビリティコントロール (ASC: Active Stability Control)

MITSUBISHI Concept-RA基本諸元
 
全長 4,445[㎜]
全幅 1,895[㎜]
全高 1,315[㎜]
ホイールベース 2,635[㎜]
トレッド(F/R) 1,605/1,605[㎜]
乗車定員 2名
エンジン 2.2Lクリーンディーゼルエンジン
最高出力 150kW (204ps)
最大トルク 420Nm (42.8kgm)
駆動方式 フルタイム4WD (S-AWC)
トランスミッション Twin Clutch SST
タイヤサイズ 285/30R21

2. 『ランサー ラリーアート』

『ランサー ラリーアート』は、『ランサー』をベースに、より走行機能を高め、スタイリングも、よりアグレッシブにすることで、ランサーシリーズ(『ランサー』、『ランサー ラリーアート』、『ランサーエボリューション』)のスポーティイメージを確立するための新グレードである。
メカニズムの面では、最高出力240psを発生する、新開発の2L DOHC MIVEC インタークーラーターボ付きエンジンを、トランスミッションには高効率でかつ、スポーティな走りに適したTwin Clutch SSTを搭載。駆動系には、フルタイム4WDをベースに、センターデフの差動制限装置に電子制御の油圧多板クラッチを採用して、走行状況に応じて前後輪へ伝達される駆動力を最適に配分し、操舵応答性とトラクション性能を高次元で両立させるACD(Active Center Differential)を採用した。
エクステリアデザインは、専用のフロントバンパー、リヤのエアダムとデュアルマフラーに加え、軽量化のためのアルミ製ボンネットフードにターボチャージャー冷却のためのエアインテークを施すなど、精悍なスタイリングとした。
インテリアは、機能性・操作性を重視し、『ランサーエボリューション』にも採用しているマニュアルトランスミッション車風のシフトノブを採用するなど、新世代のスポーティセダンに相応しいドライビングへの集中力の高まるコックピットを実現した。

『ランサー ラリーアート』基本諸元
 
全長 4,570[㎜]
全幅 1,760[㎜]
全高 1,490[㎜]
ホイールベース 2,635[㎜]
トレッド(F/R) 1,530/1,530[㎜]
乗車定員 5名
エンジン 2L DOHC MIVEC(インタークーラーターボ付き)
最高出力 177kW (240ps)
最大トルク 343Nm (35kgm)
駆動方式 フルタイム4WD(ACD付き)
トランスミッション Twin Clutch SST
タイヤサイズ 215/45R18

3. 出品車リスト

名称 展示台数 備考
プレスデー 一般公開日
MITSUBISHI Concept-RA 1 1 世界初披露、参考出品車
アウトランダー
ダカールラリー サポートカー
1 1 2008ダカールラリーサポートカー、
参考出品車
ランサー ラリーアート 1 1 新型車
ランサー(2.4Lエンジン搭載車) 1 1 新型車
ランサー - 1 日本名:ギャラン フォルティス
ランサーエボリューション 1 1 日本名:ランサーエボリューションⅩ
ランサーEX2000ターボ 1 1 1982年フィンランド1000湖ラリー
総合3位入賞車
スタリオンターボ - 1 ツーリングカーレース仕様車(1984~1988)
ギャランGTO 1 1 R73-X 1972年東京モーターショー出品車
アウトランダー - 1  
エクリプス - 1  
エクリプススパイダー - 1  
ギャラン - 2 北米生産車
エンデバー - 1 北米生産車
展示台数 7台 15台  

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る