ページの先頭です

ホーム > 企業情報・投資家情報 > プレスリリース > 企業

企業



2006年9月29日
 
三菱自動車、新型『eKワゴン』『eKスポーツ』受注が6,000台突破
~ 電動スライドドアが好評、装備率60%超す ~

三菱自動車が9月13日に発売した新型『eKワゴン』『eKスポーツ』の累計受注台数は、販売開始後2週間(9月27日まで)で、月間販売目標台数(6,000台)を上回る6,329台に達した。

受注内容は、ボンネット型軽乗用車で初の電動スライドドアが好評で、同装備車の構成比は60%(計画約40%)を超える。

購入層は、20~30歳代の子育てファミリー層を中心に、男女問わず幅広い世代に亘っている。

購入ポイントとしては、使い勝手のよいスライドドアやシンプルで飽きのこないスタイリング、多彩な収納、さらにお求め易い価格等が挙げられている。

特に電動スライドドアについてはお客様からご好評を頂いており、販売会社の店頭において、「リモコンキー操作で自動開閉するのが便利」「子供の乗り降りの時に、隣の車に気を使わなくて良い」などの声を頂いている。

(※) 電動スライドドア:(インナーレール式電動スライドドア)
ドアハンドルの他、スイッチやリモコンキーで開閉操作を可能にする装備。
インナーレール式は当社独自開発。

【受注の内訳】
<類別別>
eKワゴン・M 18% 
eKワゴン・MS※ 39% 
eKワゴン・G 8% 
eKワゴン・GS※ 23% 
eKスポーツ・X 2% 
eKスポーツ・R 10% 
※MS、GSは電動スライドドア装着車
<ボデーカラー別>
ドーンシルバーメタリック 18% 
ペールベージュソリッド 17% 
クールシルバーメタリック 16% 
ブラックマイカ 11% 
ホワイトパール 10% 
その他 28% 

* なお、旧型『eK』シリーズの9月受注は約4,900台、新旧合計で単月受注は11,000台を越える。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る