1. >
  2. >
  3. 沿革-1990年代

沿革

1870年三菱創業にはじまり、1970年の三菱重工業、自動車事業部門からの独立、これまでの三菱自動車の歩みを紹介しています。

1990-1999

2000年代を見る
1990 「ミニカ・トッポ」発売
「ディアマンテ」発売(TCL/MICS/MMCS/マルチリンクリアサスペンション搭載)
三菱重工業から運営を移管受けし、三菱自動車工業サッカー部スタート
「GTO」発売(6G72型DOHCツインターボエンジン搭載)
「ディアマンテ」'90-'91日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
1991 「パジェロ」発売(スーパーセレクト4WD・マルチモードABS搭載)
4G15型MVVエンジンを商品に搭載
ランサーバン電気自動車
「RVR」発売(インナレールスライドドアを装備)
当社とオランダ政府、スウェーデンボルボ社との間で乗用車生産合弁計画締結、同年ネザーランズ・カーB.V.発足
1992 パジェロがパリ~シルト~ケープタウンラリーで総合1位~3位独占
「ギャラン」・「エテルナ」・「エメロード」発売
初代「ランサー・エボリューション」発売
「デボネア」発売
INVECS・4輪マルチリンクサスペンションを商品に搭載
4G92型MIVECエンジンを商品に搭載
車間距離警報装置・助手席エアバッグを商品に装備
三菱自動車フットボールクラブ設立
1993 セーフティ機能付パワーウィンドを商品に装備
クライスラー社当社株を全株売却
1994 「リベロEV」官公庁、法人向けに発売
「デリカ・スペースギア」発売
「FTO」発売
「FTO」'94-'95日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
「パジェロミニ」発売
1995 ネザーランズカーB.V.で「カリスマ」量産開始
(株)東洋工機を「パジェロ製造株式会社」に社名変更
DSMをMMMAに社名変更
先進安全技術車「三菱ASV」を開発
タイMSC「L200ストラーダ」発表
1996 米国に研究・開発会社を設立
多摩デザインセンター開設
「チャレンジャー」発売
「ギャラン」・「レグナム」発売
「筒内噴射ガソリンエンジン」(GDI)を商品に搭載
ネザーランズ・カーB.V.製「カリスマ」日本発売
「ギャラン」/「レグナム」、'96-'97日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
北海道に「三菱自動車十勝研究所」完成
1997 中国藩陽市にエンジン生産の合弁会社を設立
1998 「パジェロイオ」発売
「ミラージュディンゴ」発売
ジープ生産終了記念車発売
1999 電気自動車24時間2000km走行、世界記録達成(ギネスブック公認)
パジェロ

パジェロ

電気自動車24時間2000km走行世界記録達成(ギネスブック公認)

電気自動車24時間2000km走行
世界記録達成(ギネスブック公認)

2000年代を見る