ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 新車

新車



2011年11月24日
三菱自動車、軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV』を新発売
- 補助金適用時の実質的な車両本体価格を173万円からに設定 -
三菱自動車は、『i-MiEV*1(アイ・ミーブ)』に続く新世代電気自動車の第2弾、軽商用電気自動車『MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)』を、全国の系列販売会社を通じて12月8日(木)より発売する(メーカー希望小売価格:2,400,000円~2,971,000円、消費税込)。
 
『MINICAB-MiEV』は、軽商用車『ミニキャブ バン』をベースに、『i-MiEV』の開発で得られた技術やノウハウを最大限に生かして開発し、電気自動車ならではの高い環境性能と、商用車として要求される経済性、積載性、走行性能、信頼性を両立した。
 
『MINICAB-MiEV』は、お客様のニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーを設定した(「CD 10.5kWh」:JC08モード一充電走行距離 100km、「CD 16.0kWh」:同 150km)。経済産業省の補助金制度が適用された場合、実質的な車両本体価格が「CD 10.5kWh」で173万円から、「CD 16.0kWh」で202万円からとなるよう、お求めやすい価格に設定した。なお販売方式は、現行の『i-MiEV』と同様、リース、クレジットおよび現金販売に対応している。
 
三菱自動車は、環境汚染、地球温暖化、石油エネルギーの枯渇など、自動車が直面する課題に対応する究極の環境対応車として、2009年7月、世界に先駆けて新世代電気自動車の第1弾『i-MiEV』の販売を開始した。国内では約5千台を販売し、輸出やPSAプジョー・シトロエン社向けを含めると約1万7千台を出荷している(2011年10月末時点)。今後も、電気自動車のリーディングカンパニーとして、商品ラインアップの拡充により電気自動車の普及を推進し、低炭素社会の早期実現に貢献していく。
*1: Mitsubishi innovative Electric Vehicle

MINICAB-MiEV「CD 10.5kWh」
(メーカーオプション装着車)

1.『MINICAB-MiEV』の特長
 
『MINICAB-MiEV』は、『ミニキャブ バン』の「CD」グレードをベースに、『i-MiEV』で実績のある駆動用バッテリー、モーター等を搭載し、ベース車と同等の積載性と、軽商用車として充分な一充電走行距離を両立し、価格を抑えて高い経済性も実現した。また、電気自動車ならではの高い環境性能をはじめ、優れた動力性能、静粛性、快適性など、これまでの軽商用車の水準を超える高い性能を実現した。
 
(1)環境性能
走行中、CO2を含めた排出ガスを全く発生しない“ゼロエミッション車”であるため、例えば、食料品や生花などの運搬や、ガソリン車等では乗り入れが困難な場所(施設内や環境保護地域など)への輸送に適している。
 
(2)経済性
コストパフォーマンスの高い『ミニキャブ バン』をベース車とし、電気自動車に関する主要コンポーネントは『i-MiEV』と共通化を進めることで、車両価格を抑制。経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の補助金制度が適用された場合、実質的な車両本体価格が「CD 10.5kWh」で173万円からとなる、お求めやすい価格設定とした。
また、主なランニングコストは電気代となるため、一般的に保有期間が長く、累積の走行距離も長くなる商用車の場合、車両価格等を含むトータルでガソリン車よりも有利となる可能性が高いほか、事業所や自宅等で充電できるので、給油に行く手間が不要になるなどの利点もある。
 
(3)積載性
大容量の駆動用バッテリーを床下に、モーター、インバーター等を荷室下に搭載する、『i-MiEV』と同様の優れたパッケージングにより、ベース車と同等の荷室スペースと積載量(350kg:2名乗車時)を確保し、商用車に求められる高い実用性を確保した。
 
(4)走行性能
発進時から最大トルクを発生する電気モーターの特性を生かし、多くの荷物を積載した状態でも、ストレスのない力強い走りを可能とした。
また、電気自動車ならではの特長として、静粛性が高いため早朝・深夜の使用にも適しているほか、振動が少ないため、デリケートな品の輸送に向いている。さらに、乗り心地も良好で長時間運転の多いプロドライバーの疲労軽減にも繋がるなどのメリットがある。
 
(5)信頼性
『i-MiEV』で実績のある主要コンポーネント(駆動用バッテリー、モーター等)を採用するとともに、新世代の電気自動車にふさわしい高度な車両統合制御技術「MiEV OS(MiEV Operating System)」を搭載。バッテリー状態の常時モニタリングや、回生ブレーキ機能によるエネルギー回収、滑らかで力強い発進制御などを行うことで、省エネルギーを実現しながら快適で安全・安心な走行を実現した。
 
2.商品概要(ベース車からの主な変更点など)
(1)主要諸元(2シーター/ハイルーフ仕様)
 
CD 10.5kWh
CD 16.0kWh
駆動方式
2WD(後輪駆動)
車両重量*3
1090kg
1110kg
荷室内寸法(荷室長×荷室幅×荷室高)*4
1825[935]mm×1370[1360]mm×1230mm*5
最大積載量*4
350[200]kg
性能(JC08モード
国土交通省審査値)
交流電力量消費率
125Wh/km
一充電走行距離
100km
150km
原動機
種類
永久磁石式同期型モーター
型式
Y4F1
最高出力
30kW[41PS]/2500~6000rpm
最大トルク
196N・m[20kgf・m]/0~300rpm
駆動用バッテリー
種類
リチウムイオン電池
総電圧
270V
330V
総電力量
10.5kWh
16.0kWh
充電時間の目安
AC200V(15A)
約4.5時間(満充電)
約7時間(満充電)
AC100V(10A)*6
約14時間(満充電)
約21時間(満充電)
急速充電*6
約15分(80%)
約35分(80%)
*3: 4シーター仕様は+10kg
*4: [ ]内は4シーター仕様の4名乗車時(2名乗車時は2シーター仕様と同じ数値)
*5: 標準ルーフ仕様の荷室高は1125mm
*6: AC100V充電ケーブル、急速充電コネクターはメーカーオプション
 
(2)主要コンポーネント
駆動用バッテリー、モーター、インバーター、車載充電器、エアコン、リヤサスペンション等を『i-MiEV』と共用化している。
  • 駆動用バッテリーは、『i-MiEV』にも搭載している総電力量10.5kWh及び16.0kWhの大容量リチウムイオン電池を採用し、軽商用車の一般的な用途に充分な航続距離を確保した。
  • 『i-MiEV』にも搭載している小型・軽量・高効率なY4F1型モーターを採用し、商用車の使用を想定して動力性能を調整。発進時から最大トルクを発生することで、多くの荷物を積載した場合でも力強い走りを実現した。また、回生ブレーキ機能により、減速時にはモーターを発電機として働かせることで、回収した電気を駆動用バッテリーに充電する。
 
(3)インテリア(操作・表示系)
  • 『i-MiEV』と同様に、「D」「Eco」「B」の3つのポジションを選択できるセレクターレバーを採用し、エコドライブや、回生ブレーキを強く働かせた走行を可能とした。
  • 『i-MiEV』にも採用している「デジタルスピードメーター」「パワーメーター」「駆動用バッテリー残量計」「航続可能距離表示」を装備したコンビネーションメーターを採用した。
 
(4)安全装備
  • ABS、トラクションコントロール(TCL)を全車に標準装備した。
  • 車両統合制御技術「MiEV OS」によって、駆動用バッテリーの状態を常にモニタリング。万一の衝突・漏電・故障等の場合、高電圧系回路を駆動用バッテリーから遮断し、乗員や救助者の安全を確保する。
  • 車速が約25km/h以下の際、通報音で歩行者等に自車の接近を知らせる車両接近通報装置を全車に標準装備した。
 
(5)その他
  • 普通充電用ケーブルとして、AC200V専用充電ケーブル(5m)を標準装備(EV充電用の屋外コンセント[平型、パナソニック電工製WK4322]に対応)。なお、10m仕様のAC200V専用充電ケーブルや、AC100V専用充電ケーブル(5m)、および急速充電コネクターもメーカーオプションで設定した。
  • ボディカラーは、「ホワイトソリッド」「クールシルバーメタリック」「チタニウムグレーメタリック」の3色を設定。また、電気自動車の先進性をアピールする専用デカール(ボディ両サイドとリヤゲートに貼付)を、メーカーオプションで設定した。
  • メッキフロントグリル、ボディカラー同色ドアミラー、フロント/リヤシートの生地張り化など、外観・内装をグレードアップする「エクシードパッケージ」をメーカーオプションとして設定した。
 
4.販売概要
(1) 販売目標台数(2011年12月~2012年3月)
4,000台
(2) 取り扱い販売会社
全国の系列販売会社
(3) メーカー希望小売価格
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれない)
グレード
車両本体価格
(消費税込)
エコカー
減税*7
(参考)2011年度
補助金上限額*8
CD
10.5kWh
2シーター
ハイルーフ
\2,400,000
免税
\670,000
4シーター
\2,421,000
CD
16.0kWh
2シーター
標準ルーフ
\2,950,000
\930,000
ハイルーフ
4シーター
標準ルーフ
\2,971,000
ハイルーフ
*7: 環境対応車普及促進税制に基づき、購入時の自動車取得税、及び自動車重量税が免税となる。
*8: 経済産業省が実施している「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっており、一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請し、交付決定されることにより、2011年度は上記を上限として補助金交付が受けられる(メーカーオプションの急速充電機能を装着した場合、補助金上限額も変更となる)
本制度は、自家用車(黄ナンバー)に適用され、事業用車両(黒ナンバー)には国交省より「低公害車普及促進対策費補助金」が条件により別途適用される。
 

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る