ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 新車

新車



2011年07月06日
三菱自動車、新世代電気自動車『i-MiEV』を大幅に改良
- 実質188万円の「M」と、機能・装備の充実した「G」の2グレードを設定 -
三菱自動車は、新世代電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』に、経済産業省の補助金制度が適用された場合にお客様の実質的な負担額が188万円となるお求めやすい価格設定としたエントリーグレード「M」と、一充電走行距離の拡大や、タイマー充電・プレ空調機能をもつ「MiEVリモートシステム」の設定など機能・装備を充実させた上級グレード「G」の2グレードを設定し、「M」は7月25日(月)、「G」は8月中旬(予定)から全国の系列販売会社より発売する(メーカー希望小売価格:2,600,000円~3,800,000円、消費税込)。
 
三菱自動車は、環境汚染、地球温暖化、石油エネルギーの枯渇など、自動車が直面する課題に対応する究極の環境対応車として、2009年7月、世界に先駆けて『i-MiEV』の販売を開始した。電気自動車(EV)の普及を進めるため、国内では2010年4月に個人向け販売を開始、これに伴い価格も当初の4,599,000円から3,980,000円へ引き下げ、累計で約4千台を販売しており、さらに輸出やPSAプジョー・シトロエン社向けを含めると合計1万台以上を出荷した。
 
今回の『i-MiEV』の主な改良としては、過去2年間の販売実績から得られた、航続距離の拡大や更なる低価格化などのお客様等の声に基づき、2種類のグレードを設定して選択できるようにしたほか、ブレーキペダル連動回生ブレーキによる一充電走行距離の拡大やアクティブスタビリティコントロール(ASC)の標準装備など基本性能を強化し、さらに夜間など比較的電力に余裕のある時間帯での充電に便利な「MiEVリモートシステム」をメーカーオプションで設定するなど、商品内容を大幅に充実させた。
 
なお、太陽光発電・風力発電等の再生可能エネルギー導入の推進、将来の「スマートグリッド」実現に加え、大規模災害等の非常時の電源供給を目的として、EVの大容量バッテリーの蓄電能力が注目されている。従来の“環境問題への対応”に加えて“エネルギー需給逼迫への対応”という観点からのEVへの期待の高まりを受けて、三菱自動車では、関連技術の研究・開発を進めており、まずは、家電製品への100Wまでの電源供給が可能な「ACパワーサプライEZ」を『i-MiEV』のディーラーオプションとして設定し、2011年度中には、更に幅広い家電製品に使用できるよう、計1500Wまでの電源供給装置の商品化を目指している。
i-MiEV 「M」
i-MiEV 「G」

1.グレード展開
(1)エントリーグレード「M」
  • 新たに設定した「M」は、一般的な軽乗用車ユーザーなど幅広いお客様を想定したエントリーグレードとして、機能・装備を厳選するとともに、総電力量10.5kWhの駆動用バッテリーの採用等により、従来よりも大幅にお求めやすい価格を実現した(経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業」の補助金制度が適用された場合、お客様の実質的な負担額が188万円となる)。
  • 毎日の買い物や送迎など、軽乗用車の日常的な使用としては充分な性能(JC08モードでの一充電走行距離:120km)を確保した。
(2)上級グレード「G」
  • 従来の『i-MiEV』の仕様に基づく「G」は、環境問題や先進技術に関心の高いユーザーを想定し、EVの先進性を象徴する上級グレードとして、LEDヘッドライト/リヤコンビランプや15インチアルミホイール、本革巻ステアリングホイール/シフトノブなどの上級装備に加えて、カーナビゲーションやシートヒーター(運転席、助手席)を新たに標準装備して商品内容を大幅に充実させつつ、価格を従来よりも抑えた(経済産業省の補助金制度が適用された場合、お客様の実質的な負担額が284万円となる)。
  • 従来と同じ16.0kWhの駆動用バッテリーを採用しながら、一充電走行距離の約2割*1拡大(JC08モードでの一充電走行距離:180km)を実現し、サービスエリア等への充電インフラの普及拡大に伴うドライブ等のニーズにも対応した。
    *1:JC08モードでの比較
  • 「G」専用のメーカーオプション(10月以降生産車に装着可能)として、更なるプレミアム感を演出する「プレミアムインテリアパッケージ」、「タイマー充電」や「プレ空調」機能を備えた「MiEVリモートシステム」を設定した。
◎主要諸元の比較
グレード
「M」
「G」
車両重量
1070kg
1110kg
性能
(国土交通省審査値)
JC08モード
交流電力量消費率
110Wh/km
JC08モード
一充電走行距離
120km
180km
原動機
種類
永久磁石式同期型モーター
型式
Y4F1
最高出力
30kW[41PS]
/2000~6000rpm
47kW[64PS]
/3000~6000rpm
最大トルク
180N・m[18.4kgf・m]
/0~1000rpm
180N・m[18.4kgf・m]
/0~2000rpm
駆動用バッテリー
種類
リチウムイオン電池
総電圧
270V
330V
総電力量
10.5kWh
16.0kWh
充電時間の目安
AC200V(15A)
約4.5時間(満充電)
約7時間(満充電)
AC100V(10A)*2
約14時間(満充電)
約21時間(満充電)
急速充電*3
約15分(80%)
約30分(80%)
*2:AC100V充電ケーブルはメーカーオプション
*3:急速充電コネクターは、「G」に標準装備、「M」はメーカーオプション

2.主な変更点
(1)性能の向上
  • 車両統合制御技術「MiEV OS(MiEV Operating System)」の改良などで、ブレーキペダル連動回生ブレーキ(ブレーキペダルを踏み込むと回生ブレーキが強くなる制御)を全車に新たに採用。これによる減速エネルギーの回収量の増加などで、一充電走行距離を従来から約2割拡大させた。
 
(2)安全装備の強化
  • 滑りやすい路面や急なハンドル操作による車両の不安定な動きや車輪のスリップを防ぎ、安定した走行をサポートするアクティブスタビリティコントロール(ASC)を全車に標準装備した。
  • 従来より大型のドアミラーを全車に採用し、後方視界を向上させた。
 
(3)装備の充実
  • 運転席/助手席シートヒーターを「G」に標準装備した。
  • これまでメーカーオプション設定としていた三菱マルチエンターテイメントシステム(MMES、7インチワイドディスプレイSSD*4ナビゲーション)を、新たに「G」に標準装備した(「M」はメーカーオプション設定)。
    *4:Solid State Drive
  • さらにディーラーオプションとして、新たにEV専用HDDナビゲーションを設定。EV専用機能として「充電スポット検索」「EV専用エコ・ルート探索機能」「EV専用エコステータス機能」を搭載した。
 
<以下のメーカーオプション2点は、10月以降生産車に装着可能>
  • 「G」専用メーカーオプションとして「MiEVリモートシステム」を新たに設定した。普通充電ケーブルが接続された状態で、車両と離れた場所から、専用の「MiEVリモコン」により以下の機能を操作することができる。
(1)タイマー充電
充電の時間(開始・終了タイミング)を簡単に設定することが可能で、例えば、比較的電力に余裕がある時間帯(夜間など)での充電に便利。
(2)プレ空調
出発前に、普通充電ケーブルからの電源供給で冷房・暖房・デフロスターを作動させることで、車内の快適性を向上。
(3)駆動用バッテリー残量表示
「MiEVリモコン」に、現在のバッテリーの充電状態を表示。
  • 「G」専用のメーカーオプションとして「プレミアムインテリアパッケージ」を新たに設定した。インストルメントパネル上面やドアトリム、シート生地をダークブラウンとし、専用デザインのマットブラックのセンターパネルとの組み合わせによる、上品で落ち着いた内装色とした。また、ダイヤル類やドアハンドルなど各所にシルバーアクセントを配したほか、インストルメントパネル等にソフト感のある塗装を採用し、ドアトリムの生地張り化と合わせて、見た目と触感の双方で上質感を演出した。
 
(4)「グリーンプラスチック」*5の採用
  • PET(ポリエチレンテレフタレート)素材に綿を組み合わせた内装表皮材を、シートの生地に新たに採用。これによりライフサイクル全体(原料採取から廃棄)でのCO2排出量を、従来品(PET100%)と比べて約2割削減した。
    *5:三菱自動車独自の植物由来材料技術

(5)その他
  • 普通充電用ケーブルとして、充電状況を常に監視するコントロールボックスを追加したAC200V(15A)専用充電ケーブルを標準装備(EV充電用の屋外コンセント[平型、パナソニック電工製WK4322]に対応)。なお、AC100V(10A)専用充電ケーブルはメーカーオプションで設定。
  • ボディカラーは、「ラズベリーレッドパール」「ミスティックバイオレットパール」「クールシルバーメタリック/ブラックマイカ」を廃止し、計7色展開*6とした。
*6:ボディカラー展開
<モノトーン>
  「ホワイトソリッド」「クールシルバーメタリック」「ブラックマイカ」
<2トーン タイプA>(有料色)
  「レッドソリッド/ホワイトソリッド」「クールシルバーメタリック/ホワイトソリッド」
<2トーン タイプB>(有料色)
  「ホワイトパール/ミントグリーンソリッド」「ホワイトパール/オーシャンブルーメタリック」
  • ディーラーオプションとして、室内のアクセサリーソケットからAC100V電源を供給する「ACパワーサプライEZ」を設定(100Wまでの家電製品に使用可能)。EVならではの利点を活かし、エンジンからの排出ガスを発生させることなく使用することができる。
 
3.販売概要
  • 販売目標台数 6,000台(2011年度)
  • メーカー希望小売価格*7
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金*8、登録等に伴う費用は含まれない)
 
グレード
車両本体価格(消費税込)
M
\2,600,000
G
\3,800,000
 
*7: 経済産業省が実施している「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっており、一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請し、交付決定されることにより、2011年度は「M」で72万円(メーカーオプションの急速充電機能を装着した場合は74万円)、「G」で96万円を上限として補助金交付が受けられる。
*8: 環境対応車普及促進税制に基づき、購入時の自動車取得税、及び自動車重量税が免税となる。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る