ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 新車

新車



2010年10月08日
三菱自動車、『ランサーエボリューションX』を一部改良
三菱自動車は、高性能4WDセダン『ランサーエボリューションX(テン)』に、エンジンやTwin Clutch-SST*(ツインクラッチSST)の制御見直しによる燃費や環境性能、走行フィーリングの向上や、7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション[MMCS]に地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を内蔵するなどの一部改良を行い、10月21日(木)から全国の系列販売会社より発売する(メーカー希望小売価格:3,150,000円~5,229,000円、消費税込)。
 
*:Twin Clutch Sport Shift Transmission=ツインクラッチ・スポーツシフト・トランスミッション
 
ランサーエボリューションX「GSR」
 
 1.一部改良内容
(1)エンジン
  • 高着火性点火プラグの採用や、点火時期や燃料マップなどのエンジン制御、触媒仕様を見直すことで、平成17年基準排出ガス50%低減レベル(JC08モード)に適合させたうえで、加速レスポンスの向上を図り、さらに全グレードで燃費を向上させた(10・15モード燃料消費率で0.4~0.6km/L)。
(2)トランスミッション
  • Twin Clutch-SST車は、制御を見直すことで変速レスポンスの向上や減速時のスキップシフトを可能とし、従来以上に走行状況やドライバーのフィーリングに合った変速を可能とした。
(3)機能
  • 緊急ブレーキ時に、より大きなブレーキ力が得られるブレーキアシスト機構を、緊急ブレーキであるか否かを従来以上に的確に検知できるペダル踏力・踏込み速度感応型に変更し、安全性をさらに向上させた。(「RS」グレードを除く)
  • 従来のセキュリティアラームをベースに車体傾斜検知機能と室内侵入検知機能を追加し、ドアの不正開放や車内への不正侵入、車両の不正移動、ジャッキアップなどによるタイヤ盗難、バッテリーケーブルの切断などの異常が発生した際に、セルフバッテリー内蔵サイレンの吹鳴とハザードランプが点滅するプレミアムセキュリティアラーム(盗難発生警報装置・国土交通省認可品)を採用した。(「RS」グレードを除く)
  • 低燃費運転をサポートするECOランプを追加した。(「RS」グレードを除く)
(4)オーディオ、ナビゲーション
  • 7インチワイドディスプレイHDDナビゲーション[MMCS]に、地上デジタルTVチューナー(フルセグ)を搭載した。(「GSR-Premium」グレードに標準装備。「GSR」グレードにメーカーオプション設定)
  • グローブボックス内に新たに設置したUSB端子や、Bluetooth®で接続された、携帯電話や音楽プレーヤーなどの外部機器を、MMCSのタッチパネルや、ステアリングホイールのオーディオリモコンスイッチ、ボイスコマンド機能によって操作できるリンクシステムを採用した。(MMCS装着車)
  • ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステムの8chトータル出力を650Wから710Wに増やし、より迫力あるサウンドを楽しめるシステムとした。(「GSR-Premium」グレードに標準装備。「GSR」グレードにメーカーオプション設定)
 
2.販売概要
(1)販売目標台数
   100台/月
(2)取り扱い販売会社
   全国の系列販売会社
(3)メーカー希望小売価格
   リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録等に伴う費用は含まれない)
【単位:円】
グレード
エンジン
変速機
駆動方式
車両本体価格
(消費税込)
GSR
2.0L MIVEC
DOHC 16バルブ
4気筒
インタークーラー
ターボ
5MT
フルタイム
4WD
(S-AWC)
\3,786,000
Twin Clutch-SST
(ツインクラッチSST)
\4,038,000
GSR-Premium
\5,229,000
RS
5MT
フルタイム
4WD
\3,150,000
 

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る