ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2016年08月30日
現行販売車9車種についての新燃費値申請とお客様への損害賠償について
当社製車両の燃費試験における不正行為に関し、お客様はじめ多数の皆様にご迷惑・ご心配をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
 
当社が現在生産・販売を行っている車両の内、現行販売車9車種(『アウトランダーPHEV』、『アウトランダー(ガソリン車)』、『ミラージュ』、『デリカD:5』、『パジェロ』、『RVR』、『i-MiEV』、『ミニキャブ・ミーブ バン』、『ミニキャブ・ミーブ トラック』)について、「排出ガス・燃費試験」において不正が行われていたことを、5月18日に公表いたしました。
 
その後、現行販売車9車種の燃費値について、国土交通省による確認試験が行われ、本日、結果の示達がありました。これを受け当社は、届出燃費値を下回った車種・類別について、新燃費値を国土交通省へ申請いたしました。
 
当社はこれまで、届出燃費値について、検証のため行った社内試験の結果と大きな乖離がないため変更は必要ないとご説明してきました。しかし、本日の示達に際し国土交通省より、社内試験の走行抵抗の算出方法が不正であるとのご指摘を受けました。当社としては、これを真摯に受け止め、新燃費値を申請することといたしました。
 
該当する車種・類別にお乗りのお客様に対しては、燃料代の差額と自動車関連諸税の増額分について損害賠償金をお支払いさせて頂きます。エコカー減税の減税率が下り、納付済の税額が増加する場合は、お客様にはご負担をおかけしないよう、当社が責任を持って負担いたします。(※詳細は別リリースご参照)。また、諸準備が整う迄の間、販売を一時停止いたします。
 
なお、今回の現行販売車9車種より過去に販売した車種については、届出燃費値の改ざんが判明した車種についてのみ、一時金をお支払いしております。新車状態での正しい燃費測定が事実上不可能であるため、今後、関係各省庁ともご相談し、誠実に対応を検討いたします。
 
本件対応により、お客様はじめ多数の皆様にご迷惑をお掛けすることとなりますが、何卒ご理解・ご協力賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る