ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2014年12月25日
『アウトランダーPHEV』と住宅の相互電力供給についてのお知らせ
~世界初、プラグインハイブリッド車から住宅への電力供給を実現~
V2H*1機器*2を利用した住宅との相互電力供給については、これまで「MiEV(ミーブ)」シリーズなどの電気自動車に対してのみ適用が認められていましたが、『アウトランダーPHEV』はV2H機器との接続中にエンジンが作動しない仕様としているため、今般、電気自動車と同様の扱いとなることが認められましたので、お知らせします。
このことにより、『アウトランダーPHEV』に充電し蓄えた電気を、停電時や災害時などに住宅へ供給することが、プラグインハイブリッド車として世界で初めて可能となります。また、これから『アウトランダーPHEV』をご購入されるお客様に加え、今までにご購入いただいたお客様*3も含め、V2H機器をご利用いただけるようになります。
 
なお、『アウトランダーPHEV』には、災害時の避難場所やアウトドアなどにおける利用を想定し、車両から直接家電製品に電力を供給することができる100V AC電源(1500W)*4を、従来よりメーカーオプションでご用意しております。
 
*1:
Vehicle to Homeの略。
*2:
三菱電機株式会社製「SMART V2H」、ニチコン株式会社製「EVパワー・ステーション」、株式会社椿本チエイン製「つばきeLINK」と接続が可能。
*3:
急速充電口が装着された車両のみV2H機器との接続が可能。
*4:
『アウトランダーPHEV』の100V AC電源(1500W)は、満充電で一般家庭の日常使用電力の約1日分、ガソリン満タン状態で約10日分に相当する電力を供給することが可能。
 
アウトランダーPHEV

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る