ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2013年10月07日
三菱自動車、ミャンマーにおいて新車販売を開始
三菱自動車は、ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)において新車販売を開始すると発表しました。
 
三菱自動車は2013年5月、ヤンゴンにサービスショップを開設し、中古車市場で流通している三菱車に対するアフターセールス事業を先行して開始していますが、このたび、三菱商事株式会社のサポートの下、現地法人を通じた新車販売事業に参入するものです。
 
2013年4月よりピックアップトラックの税制が改訂、輸入制限が緩和されたことを受け、タイで生産している『L200』を完成車としてミャンマーに輸入し、販売を開始する計画です。また今後、取り扱い車種を順次増加させるとともに、販売店の設置、サービス網の整備・拡充も並行して推し進めながら、急速に拡大することが見込まれるミャンマー自動車市場における三菱自動車ブランドの確立・向上を図ってまいります。
 
三菱自動車は、2011年1月に公表した2013年度までの中期経営計画「JUMP 2013」において、その事業戦略の柱の一つとして「新興市場への経営資源の集中」を掲げています。今後の経済発展、自動車市場の成長が期待されるミャンマーにおいて、更なる事業の推進に取り組んでいきます。
 
ピックアップトラック 『L200』

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る