ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2013年05月22日
三菱自動車、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)が
米国IIHS(道路安全保険協会)の最高評価「トップセーフティピック+」に認定
三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』の米国仕様『アウトランダースポーツ』が、米国IIHS(道路安全保険協会)の衝突安全性評価において、最高評価となる「2013トップセーフティピック+」に認定されたことを発表しました。また、2012年に続いて「トップセーフティピック」に認定されており、2年連続で『アウトランダースポーツ』の最高レベルの衝突安全性能の高さが認めらました。
 
IIHSの安全性評価は、乗員保護に関する衝突試験を行い、「good(優)」「acceptable(良)」「marginal(可)」「poor(不可)」の4段階で評価するものです。「トップセーフティピック」は、オフセット前面衝突、後面衝突、側面衝突、ルーフ強度の4つの試験で「good(優)」の評価を得ることが要件であり、「トップセーフティピック+」ではこれら4つの試験に加え、さらに新方式のスモールオフセット衝突試験についても「acceptable(良)」以上の評価を得ることが求められます。
 
『アウトランダースポーツ』は、高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造で、衝突安全性を高めた三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。高張力鋼板の多用により、全方向の衝突安全性を高めています。
 
『アウトランダースポーツ』

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る