ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2013年05月10日
新型『アウトランダー』が平成24年度自動車アセスメント(JNCAP)で
最高評価となる「JNCAPファイブスター賞」、「JNCAP大賞」を受賞
三菱自動車は、新型『アウトランダー』が、自動車の安全性能を試験・評価する平成24年度自動車アセスメント(以下、JNCAP)において、最高評価となる「新・安全性能総合評価ファイブスター賞(通称:JNCAPファイブスター賞)」を受賞したことを発表しました。また、JNCAPファイブスター賞対象車のうち、評価得点がこれまでの最高得点を超えたクルマに与えられる「JNCAP大賞」も受賞しました。
 
JNCAPは、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)によって行われる自動車アセスメント(Japan New Car Assessment Program)の略称です。
 
今回受賞した新型『アウトランダー』は、先進の予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」*1・衝突安全強化ボディ「RISE」・7つのSRSエアバッグ等による優れた安全性能、低燃費技術・軽量化等による高い環境性能、外観・内装などの全体的な上質感と走りや使い勝手など、様々な性能を高次元で調和させたプレミアムツーリングSUVとして、2012年10月に発売しました。
 
三菱自動車は、「『地球を走る。地球と生きる。』をテーマに、地球環境に配慮しながら、地球上のさまざまな地域のお客様に走る歓びを提供する」という想いをコミュニケーションワード「Drive@earth」に込め、“環境への貢献”、“走る歓び”、“確かな安心”を追求したクルマづくりを推進してきました。今回の受賞は、この“確かな安心”を実現する、三菱自動車の衝突安全技術が高く評価されたものです。引き続き、安全安心な車をお客様に提供するため、安全技術の向上に努めてまいります。
 
*1・・・
渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とする「レーダークルーズコントロールシステム(Adaptive Cruise Control System:ACC)」、先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートする「衝突被害軽減ブレーキシステム(Forward Collision Mitigation System:FCM)」、走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促す「車線逸脱警報システム(Lane Departure Warning System:LDW)」など。
 
       

アウトランダー「24G Safety Package」

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る