ページの先頭です

ホーム > ニュース・イベント > プレスリリース > 企業

企業



2012年11月30日
三菱自動車、新型『アウトランダーPHEV』の予約受付を開始
~お客様の実質的な負担額を300万円以下からに設定~
三菱自動車は、2013年1月に発売を予定しているSUVタイプのプラグインハイブリッド車、新型『アウトランダーPHEV』の予約受付を、本日、11月30日(金)から販売会社にて開始しました。
 
『アウトランダーPHEV』は、『i-MiEV』で培ったEV技術、『ランサーエボリューション』で鍛えた4WD技術、『パジェロ』で築いたSUVのノウハウを結集した、SUVとしては世界初のプラグインハイブリッド車です。本年10月発売の新型『アウトランダー』をベースに、独自に開発したEV派生の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載した“自分で発電するクルマ”であり、以下の特長を実現した画期的な車としました。
  • 日常は環境に優しいEV走行で、遠出はモーター主体のハイブリッド走行
  • 「ツインモーター4WD」による優れた走行性能
  • エンジンで発電して停車中・走行中に充電できる「バッテリーチャージモード」や、車載コンセントから最大1500Wの電気が取り出せる「給電機能*1」など、大容量バッテリーによるユニークな機能
 
『アウトランダーPHEV』は、装備を厳選した「E」、実用装備の「G」、先進安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を標準装備した「G Safety Package」、これにカーナビゲーション等を追加した「G Navi Package」、さらに本革シート等の快適装備も充実させた「G Premium Package」の計5グレード構成となります。『アウトランダー』で装着率が8割以上に達し、大変ご好評いただいている「e-Assist」は、「G Safety Package」から標準装備となります。
 
価格については、経済産業省の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」が適用されることを前提に試算した場合、お客様の実質的な負担額が「E」で300万円以下、「G」で約320万円からとなるよう、お求めやすくお買い得感のある価格に設定する予定です。
 
アウトランダーPHEV
(2012年パリモーターショー参考出品車)


『アウトランダーPHEV』 主要諸元(予定)
全長×全幅×全高
4655mm×1800mm×1680mm
ホイールベース
2670mm
タイヤサイズ
225/55R18
車両重量
1770~1820kg
乗車定員
5名
駆動方式
ツインモーター4WD
モーター
種類
永久磁石式同期モーター
搭載数
2基 (フロント1、リヤ1)
最高出力
フロント:60kW、リヤ:60kW
最大トルク
フロント:137N・m、リヤ:195N・m
バッテリー
種類
リチウムイオン電池
総電圧
300V
総電力量
12kWh
エンジン
種類
2.0L 4気筒 MIVECガソリンエンジン
ジェネレーター
発電量
70kW
充電時間の目安
AC200V(15A)
約4時間(満充電)
急速充電*1
約30分(約80%)
EV走行可能距離(JC08モード)
60.2km(目標値)*2
航続可能距離(JC08モード)
897km(目標値)
複合燃料消費率(JC08モード)*3
67.0km/L(目標値)
ハイブリッド燃料消費率(JC08モード)
18.6km/L(目標値)
(数値等は、目標値または計画値であり、発売時の数値とは異なる場合があります)
 

*1:

給電機能、急速充電対応はメーカーオプションの予定

*2:

一般ドライバーの約90%は、1日の平均走行距離が60km以下。(出典:JCAP自動車使用実態調査)

*3:

複合燃料消費率とは、EV走行時(外部充電による電力を満充電から使い切るまで)の燃費(プラグイン燃費)と、ハイブリッド走行時の燃費(ハイブリッド燃費)に、国土交通省が定めた係数(ユーティリティーファクター)をかけ、複合した代表燃費値です。


ページの終わりです
ページの先頭へ戻る