MITSUBISHI MOTORS

HOME

2006 JAPANESE RALLIES & RACES

report

スーパー耐久シリーズ2006第3戦
中谷明彦選手組三菱ランサーが開幕3連勝達成!
奴田原文雄選手が駆って初出場の三菱ランサー
エボリューションワゴンも5位フィニッシュ!
 
開催日 7月16日(日)〜17日(月) 決勝
開催地 北海道河西郡更別村 「十勝インターナショナルスピードウェイ」
クラブマンコース(一周3.40887km)
レース距離 24時間レース
観客数 38,700人(本大会に於ける総入場者数)



STクラス2 優勝の
中谷明彦選手組三菱ランサーエボリューション\




表彰台の中谷明彦選手組、左から菊池 靖選手、中谷明彦選手、木下隆之選手、福山英朗選手



STクラス2・4位の小川日出生選手組の
三菱ランサーエボリューション



STクラス2・5位の桂伸一選手組の
三菱ランサーエボリューションワゴン


参加台数:34台(決勝レース出走 33台、完走 29台)
GTクラス(シリーズ対象外) 1台
STクラス1(3501cc以上) 4台
STクラス2(2001〜3500cc、4WD) 10台(三菱ランサー7台)
STクラス3(2001〜3500cc、2WD) 7台
STクラス4(〜2000cc) 8台
STクラスS(〜2000cc、2座席) 3台
プロダクションブループ2(シリーズ対象外) 1台
 スーパー耐久シリーズ 2006の第3戦「第13回十勝24時間レース」が、7月16日(日)〜17日(月)に北海道の十勝インターナショナルスピードウェイで開催された。今年のスーパー耐久は規定に大きな変更はないものの、STクラス5をSTクラスS(スポーツ)に変更、新たに排気量2000cc以下の2シーター車両と定めた。今大会にはクラス1〜4、クラスSならびにシリーズ対象外のGTクラス、プロダクショングループに総勢34台が参加。クラス2には10台が参加し、このうち三菱ランサーエボリューションは7台を占めた。
 国内唯一の24時間レースとなる同大会では例年公式予選を実施せず、スタート時点のシリーズポイントでグリッドを決定。三菱ランサーエボリューション\を駆る中谷明彦/木下隆之/菊池靖/福山英朗選手組がSTクラス2トップの6番手グリッド、小川日出生(CMSC山形)/砂子塾長/坂口良平(CMSC山形)/伊藤勝一選手組(三菱ランサー)が8番手グリッドからの出走となった。また、今大会には注目の三菱ランサーエボリューションワゴンがデビュー。今季もPWRC(FIAプロダクションカー世界ラリー選手権)挑戦を果たし、国内でも通算7度目の全日本ラリー選手権チャンピオン獲得を目指す奴田原文雄選手が桂伸一選手、瀬在仁志選手、関豊選手とともにステアリングを握り、13番手グリッドから出走した。

 16日(日)の天候は朝方一時日が射したもののその後は曇天で推移。定刻の午後3時に曇天のもとで決勝レースのスタートが切られると中谷明彦選手組の三菱ランサーエボリューションと吉田寿博選手組スバル・インプレッサが激しい首位争いを展開。夜を迎えてペースで勝る中谷選手組が先行するが、夜半すぎには中谷選手組がブレーキ交換作業を行ったのをきっかけに吉田選手組が逆転した。しかし、早朝に発生したコース上ストップ車両の排除のため今大会2度目のセーフティカーが導入されると、このタイミングを利してピット作業を行った中谷選手組が再逆転。吉田選手組はその後ブレーキを交換したが、その際配管にエアが混入して再ピットインを強いられ、代わって池田昌弘選手組(スバル・インプレッサ)が2位に浮上した。だが、池田選手組も2度のスピンなどで遅れて追撃はならず、最後は中谷選手組が池田選手組に約1周のリードを保って同大会では02年以来となる嬉しい優勝。1位の授与ポイントが通常の20点に対して30点と大きい24時間レースを制し、見事開幕3連勝を達成したことでシリーズランキング首位のリードを大きく拡大した。吉田選手組は3位。小川日出生選手組(CMSC山形・三菱ランサー)が4位で続き、桂選手組の三菱ランサーエボリューションワゴンも無事5位入賞でデビュー戦を完走で飾った。また、西川美佳選手(CMSC浜松)と上田雅美選手(CMSC山形)の2名の女性ドライバーを擁する西川美佳組(三菱ランサー)は他の男性チームに伍して、STクラス2の6位と健闘した。なお、総合優勝は田中哲也選手組のポルシェ911 GT3(クラス1)であった。

■結果
【STクラス2】 
順位 ドライバー 車両 タイム(周回数) 予選順位
1 中谷 明彦/木下 隆之/菊池 靖/福山 英朗組 三菱ランサーエボリューション 24間01分27秒395(938周) 1
2 池田 昌弘/清水 和夫/樋口 統也/荒 聖治組 スバル・インプレッサ 24時間02分19秒670(937周) 4
3 吉田 寿博/小泉 和寛/松田 晃司/脇阪 薫一組 スバル・インプレッサ 24時間02分19秒566(935周) 2
4 小川 日出生(CMSC山形)/砂子 塾長/
阪口 良平(CMSC山形)/伊藤勝一(CMSC山形)組
三菱ランサーエボリューション 24時間01分51秒975(931周) 3
5 桂 伸一/瀬在 仁志/奴田原 文雄/関 豊組 三菱ランサーエボリューションワゴン 24時間01分27秒933(894周) 7
6 西川 美佳(CMSC浜松)/上田 雅美(CMSC山形)/
渡辺 雅則/川島 修組
三菱ランサーエボリューション 24時間03分32秒800(827周) 8
7 峰尾 恭輔/TOSHI ARAI/木下 みつひろ組 スバル・インプレッサ 24時間02分19秒833(688周) 6
8 岩月 辰文/岡田 道昌/鳥居 良彦/吉本 明組 三菱ランサーエボリューション 24時間02分25秒573(675周) 10
■第3戦終了時のシリーズポイント(全戦有効)
STクラス2
順位 ドライバー 車両 Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 合計
1 中谷 明彦組 三菱ランサー 20 20 30 70
2 吉田 寿博組 スバル・インプレッサ 10 15 18 43
3 池田 昌弘組 スバル・インプレッサ 12 3 23 38
4 小川 日出生(CMSC山形)組 三菱ランサー 15 6 15 36
5 Y.HINOKI組 三菱ランサー 4 12 0 16
6 細野 智行組(CMSC栃木) 三菱ランサー 6 10 - 16
7 峰尾 恭輔組 スバル・インプレッサ 8 0 6 14
8 桂 伸一 三菱ランサーワゴン - - 12 12
9 西川 美佳組 三菱ランサー - - 9 9
8 松本 達哉組 三菱ランサー - 8 - 8
ポイント1位から10位まで各20-15-12-10-8-6-4-3-2-1  24時間レースは各30-23-18-15-12-9-6-5-3-2

第1戦 4/22〜23 仙台ハイランド(宮城県) 第2戦 5/20〜21 鈴鹿サーキット(三重県) 第3戦 7/15〜17 十勝スピードウェイ(北海道)
第4戦 8/5〜6 富士スピードウェイ(静岡県) 第5戦 9/2〜3 岡山国際(岡山県) 第6戦 9/2〜3 スポーツランドSUGO(宮城県)
第7戦 11/11〜12 ツインリンクもてぎ(栃木県)
*CMSC(コルトモータースポーツクラブ)は、三菱車愛好者を中心としたJAF登録クラブで、東京の本部(会長:木全 巖)および全国25支部(各々独立JAF登録クラブ)から構成され、現在約700名の会員が活躍しています。詳しくは、CMSCホームページをご覧下さい。


 

(c) 2006 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.