Event SchedulePoint StandingsTeam & DriversLancer WRC04




2005 WRC 参戦体制
2004年12月7日(火)
三菱自動車
2005年FIA世界ラリー選手権(WRC)参戦体制について


『ランサーWRC05』(イメージスケッチ)
2005年FIA世界ラリー選手権参戦車


三菱自動車と同社のモータースポーツ統括会社MMSP GmbH.は、2005年FIA世界ラリー選手権(WRC)に、『ランサーWRC05』で参戦する。三菱自動車は、2004年からWRC活動再構築に向けた3ヵ年計画を推進しており、2年目となる2005年は『ランサーWRC05』の信頼性を向上させ、表彰台フィニッシュを目指していく。

2005年のWRC参戦にあたり、MMSP GmbH.社長の鳥居勲は「三菱自動車は2003年10月にWRC活動再構築に向けた3カ年計画を発表しました。この3ヵ年計画では、2004年に、まずWRCに復帰し、参戦車両の開発を進める。そして2005年には参戦車両の信頼性を高めて表彰台でのフィニッシュを目指し、2006年には、再び世界の頂点に立つことを目標としています。今のところ、計画は概ね順調に推移しており、2005年は優勝を狙えるポジションを目指していきます」と、語った。

強力なドライバーラインナップで2005年の全16戦を戦う

2005年の三菱自動車WRCチームのドライバーラインナップは、ハリ・ロバンペラ(フィンランド)、ジル・パニッツィ(フランス)、ジャンルイジ“ジジ"・ガリ(イタリア)の3名体制となる。コ・ドライバーはそれぞれリスト・ピエティライネン(フィンランド)、エルベ・パニッツィ(フランス)、グイド・ドゥアモーレ(イタリア)がつとめる。

2005年シーズンより新たにチームに加わるロバンペラは、あらゆる路面で経験豊富なドライバーであり、特に2004年シーズンのラリー・ジャパン以降のラリーを一時参戦休止した三菱自動車チームにとって、ロバンペラからのフィードバックは貴重な情報をもたらすものと期待している。鳥居勲は、ロバンペラとの契約の経緯を「世界ラリー選手権に占めるグラベルラリーの比率がますます高まっており、ロバンペラのようなグラベルでの経験豊富なドライバーが必要と考えていました。彼はグラベルをよく知るドライバーであり、特に高速グラベルを得意としています。彼をチームに迎え入れられることを嬉しく思うとともに、安定感もあり、確実にラリーを完走できる技量と頭脳の持ち主ですから、その意味でも頼りにしています」と、説明する。

一方、チームメイトのジル・パニッツィは、2004年シーズンを通して、常に献身的な姿勢で『ランサーWRC』のテストや開発プログラムに貢献してきた功労者であり、2005年シーズンはターマック(舗装路)ラリーを中心にレギュラードライバーを務める。三菱自動車ではターマックラリーで、彼が優勝候補のひとりとなることを期待している。「ジルは献身的にチームに貢献してくれました。開発プログラムにおいて彼の果たした役割は計り知れません。残念ながら2004年は優勝を狙えるマシンを用意することはできませんでしたが、2005年はパニッツィにターマックラリーで優勝候補のひとりになってもらえるでしょう。特にターマック戦に、多大な期待を寄せています」と鳥居は語った。

ジャン‐ルイジ“ジジ"・ガリは、プロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)やジュニア世界ラリー選手権(JWRC)で活躍を見せて、2004年シーズンから三菱自動車WRCチーム入りをしたドライバーである。2004年はWRカーのセカンドカーのステアリングを握る傍らグループN仕様のランサーエボリューションでも活躍。ラリー・イタリア(サルディニア)では、『ランサーエボリューション』で総合6位を勝ち取り、続くスペイン(カタルニア)ではWRカー『ランサーWRC04』で7位完走を果たした。実戦で自らの将来性を証明したガリとの契約は、三菱にとって半ば当然のことである。ガリはサードドライバーとして、一部のヨーロピアンラウンドで3台目(マニュファクチャラーズポイント対象外)の『ランサーWRC05』をドライブするが、場合によっては、セカンドカーの『ランサーWRC05』をドライブすることになる。鳥居はガリの継続起用について「2004年は3名の若手ドライバーにセカンドカーのドライバーとしてのチャンスを与えましたが、2005年に向け、その中から誰かひとりだけを選ぶのは容易な作業ではありませんでした。しかしラリー・イタリア(サルディニア)とラリー・スペイン(カタルニア)でのパフォーマンスを高く評価し、ガリを2005年WRCのドライバーラインナップにとどめる決断を下しました」と語った。


2005年三菱自動車チームドライバー
ドライバー ハリ・ロバンペラ 詳細はこちら>>
コ・ドライバー リスト・ピエティライネン 詳細はこちら>>

ドライバー ジル・パニッツィ 詳細はこちら>>
コ・ドライバー エルベ・パニッツィ 詳細はこちら>>

ドライバー ジャン-ルイジ “ジジ”・ガリ 詳細はこちら>>
コ・ドライバー グイド・ドゥアモーレ 詳細はこちら>>


2005年FIA世界ラリー選手権参戦車両『ランサーWRC05』の開発状況について

2005年のWRCシーズンの開幕に向け、三菱自動車とMMSPは、『ランサーWRC05』の開発も積極的に取り組んでおり、大幅に改良を加えた2005年のWRC参戦車「ランサーWRC05」は、2005年1月21日(金)〜1月23日(日)までフレンチ・アルプスを舞台に開催される第1戦「モンテカルロラリー」より参戦する。

世界ラリー選手権をはじめ、国際格式のモータースポーツを統括する国際自動車連盟(FIA)は、2005年シーズンに向けてWRCのレギュレーションを改訂した。三菱自動車では、これを機会に『ランサーWRC』を広範囲に渡って改良を施すこととした。WRCの新レギュレーションでは、車両全幅がこれまでの1,770mmから30mm拡大し、最大1,800mmとなるため、『ランサーWRC05』は、従来型に対しフロントおよびリアフェンダー、リアクオーターパネル、バンパーなどの形状変更を行う。外観上は、それほど大きな差異ではないが、挙動安定性の向上に大きく寄与するものと考えている。

三菱自動車は拡幅に伴う改良で、『ランサーWRC05』に長尺のサスペンション・リンクやドライブシャフトを採用すると同時に、アップライトにも改良を加え、サスペンション・ジオメトリーの最適化を図った。サスペンションも新たに設計し、既に2004年10月に開催された「ラリー・スペイン(カタルニア)」へのテスト参戦で使用したターマック(舗装路)用ダンパーは、『ランサーWRC05』のワイドボディ化を見据えてデザインしたものであった。三菱自動車では更にグラベル(未舗装路)用のサスペンションについても、アップライトとダンパーを新ジオメトリーに対応させるべく開発を進めている。

ボディについては、2005年3月に開催予定の「ラリー・メキシコ」までに軽量性を維持しながら、更に剛性を向上させる計画であり、マシン・セットアップの自由度が高まるとともにより精妙なチューニングが可能になると考えている。

『ランサーWRC05』に搭載するエンジンは、従来同様、ランサーエボリューションなど市販車で好評の4G63型2.0L DOHCインタークーラーターボエンジンをベースにしたもので、1月の「モンテカルロラリー」から新型ウェストゲートとアンチラグバルブを採用する。これらのパーツはエンジン・マネージメントの改良との相乗効果で大幅なエンジン性能の向上とチューニングの精密化に繋がる。更にターボチャージャーの性能向上についても模索しており、評価次第で、年内にもホモロゲーション申請する可能性がある。

『ランサーWRC05』のエンジンについてテクニカルディレクターのマリオ・フォルナリスは「あらゆる状況下で、エンジン性能を限界域まで追求することができるようになりました。現在は、モンテカルロラリーに向け、本当の意味で限界ギリギリを追求するファインチューンを行っています」と語った。

新たに採用するセミオートマチックのギアボックスとクラッチは、すでにテストでも充分な成果が確認され、ステアリングホイールに装着された“パドル"を介してクラッチ操作レスのギアシフトを行うこととなる。一方、アクティブセンターデフについては1月「モンテカルロラリー」での実戦投入を目指して鋭意開発を進めてきたが、さらなる性能向上を視野に3月の「ラリー・メキシコ」から投入する可能性も高い。なおフロントおよびリア用アクティブ・デフは、2006年シーズンから使用禁止となるため、2005年第1四半期の開発状況により、今後の装着要否の判断を下す計画で、トランスミッションのギア比の改良についても4月に開催予定の「ラリー・ニュージーランド」を目処に1速、3速、4速の各ギアのハイギアード化を検討している。

「6月末までにランサーWRC05の開発を完了させ、いよいよ結果を出すことに集中します。願わくば表彰台フィニッシュを達成し、2006年の本格的なタイトル挑戦に向けた足がかりとしたいですね」 とマリオ・フォルナリスは語った。

なお、『ランサーWRC05』の大きな変更点として、ピレリ製タイヤの採用も上げられる。タイヤメーカーの変更について、フォルナリスは「すでにピレリとのテストを開始しており、彼らのプロフェッショナルなアプローチと設備には嬉しい驚きを感じています。現在はタイヤの特性を学習しているところですが、『ランサーWRC05』とのマッチングを図り、そのパフォーマンスをフルに引き出そうとしています。これまでのテスト結果を見ると、ピレリ製タイヤには大きなポテンシャルがありそうです。パートナーシップ精神の下、三菱自動車はピレリタイヤの長所を活かす一方で、ピレリに対し、我々のテストデータをフィードバックすることでタイヤの進化に貢献できると思っています。タイヤメーカーと協業してタイヤの開発を行えることは、三菱自動車WRCチームにとっても非常に重要なポイントとなるでしょう」と語った。