ページの先頭です
  • くるまの自由研究 トップへ戻る
  • ぼくわたしの町を走るクルマ
  • 電気で走るクルマ-EV・PHEV-について
  • 電気自動車の歴史
  • ナンバープレートで推理
  • クルマのリモコンキーで実験
  • ゴムの力で走るクルマを作って走らせよう!

小学5・6年生~

ゴムの力で走るクルマを作って走らせよう!

みんなの身の回りにあるゴム。ゴムは引っぱると、もとに戻ろうとする力がはたらく性質があるよ。その性質をつかって走るクルマを作り、走らせてみよう!

- 注意 -

はさみやカッター、きりなどを使つかうときは、けがをしないよう注意ちゅういしよう。
また、瞬間接着剤しゅんかんせっちゃくざいについたり、にはいらないように注意ちゅういしてね。

土台となる材料を集めよう

ペットボトルやストロー、牛乳ぎゅうにゅうパックなど、クルマの土台どだい(シャシー)をつくる材料ざいりょうあつめよう。

用意するもの

  • ペットボトル(500mlくらい)
  • ペットボトルのキャップ
  • ストロー
  • 竹串(長さ15cm以上)
  • つまようじ
  • 輪ゴム(一周の長さ13cm~14cmくらい)
  • ゼムクリップ
  • セロハンテープ
  • 瞬間接着剤
  • はさみ
  • カッター
  • きり
  • 穴あけパンチ

1.クルマの土台(シャシー)をつくろう!

作り方を印刷する
  • ① ペットボトルの飲み口を切る。
  • ② ペットボトルをたて2つに切る。
  • ③ ペットボトルに穴を4つあける。
  • ④ ③で空けた穴にストローをさす
  • ⑤ ペットボトルのキャップの真ん中に竹串がぎりぎり入る太さの穴をあける
  • ⑥ ⑤のキャップの穴に竹串をとがっている方からさし、反対がわ(太い方)まで通す。(ここではキャップ4つ。キャップの向きは写真をよくみてやってね。)
  • ⑦ 竹串をストローに一本ずつ通し入れる。
  • ⑧ のこりの⑤のキャップ(4こ)の穴に竹串をとがっている方から通す。(キャップの向きはイラストをよくみてやってね。)
  • ⑨ キャップをセロハンテープで巻きつけ固定する。
  • ⑩ 竹串のとがったところを切る。
  • ⑪ 串が通ったキャップの穴に瞬間接着剤を少しつける。
  • ⑫ つまようじを太い方から2cmに切る。
  • ⑬ セロハンテープ(5cmくらい)を2.5cmのストローに通した竹串(ストローとストローの間)にあて、⑫で切ったつまようじ2本で竹串をはさむように並べて、瞬間接着剤をつける。
  • ⑭ セロハンテープでしっかり巻き、つまようじを竹串に固定する。
  • ⑮ ゼムクリップ(1こ)を「T」の形にする。
  • ⑯ ゼムクリップを竹串にセロハンテープでまきつける。
  • ⑰ ペットボトルに穴をあける。
  • ⑱ ゼムクリップにゴムをとおす。
  • ⑲ ⑱のゴムを⑰の穴にペットボトルの外側からとおす。
  • ⑳ ゼムクリップがついてある竹串についたキャップにゴムをはめる
  • (21) 写真のように⑯のゼムクリップにゴムを引っかけたら完成!

2.ゴムの力で走るクルマを走らせよう!

ペットボトルの部分ぶぶんをもってうしろにくと、クリップにっかけたゴムが竹串たけぐしかれて、
をはなすとクルマがまえはしるよ。

博士ポイント

をはなしてまえはしったクルマが、ふたたび竹串たけぐしのクリップにゴムがひっかかって
クルマがまってしまう場合ばあいは、ゴムのながさをみじかくするなど、調整ちょうせいしてね。

ステップアップ 自分が乗ってみたい、運転してみたいクルマはあるかな?
あればそれに、改造してみよう!

  • ぼくはスポーツカーがきだから、すこしかえて、
    もっとはやはしれるように工夫くふうしてみよう!
  • わたしはデコレーションしておしゃれなクルマにしたいな。
  • ゴムの使つかかたをかえて、もっとなが距離きょりはしらせられないかな。

スポーツカーのペーパークラフトを
うえからかぶせてみました♪

ペーパークラフトはここからダウンロードしてね。

A4サイズで印刷いんさつしてね。

小学生自動車相談室しょうがくせいじどうしゃそうだんしつ配布はいふしていたペーパークラフトは、在庫ざいこがなくなり、終了しゅうりょういたしました。ごめんなさい。

ペーパークラフトをつくったクルマにかぶせるときは、
写真しゃしん点線てんせん位置いちで4つのタイヤ・ホイール
ってね。

ペーパークラフトに
いろ をぬってからてたよ♪

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る