2017年06月29日

企業

フィリピン共和国環境天然資源省に『アウトランダーPHEV』『i-MiEV(アイ・ミーブ)』10台を提供

三菱自動車は本日、フィリピン共和国環境天然資源省にプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』5台とEV『i-MiEV(アイ・ミーブ)』5台の計10台および、急速充電器4台を提供しました。パサイ市のワールド・トレード・センターで開かれた納車式には、フィリピン政府関係者や多くの来賓が出席しました。車両は、同省などの政府機関で業務用車両として使用される予定です。
 
今回の車両提供は、本年2月に同省との間で締結した電動化技術を活用した環境負荷低減についての共同研究に関する覚書に基づくものです。CO2や交通渋滞の低減に向けた取り組みを視野に入れ、将来的には他の政府機関や大学などの研究機関、電力会社などに幅広く参画を求めていくことを検討しています。
 
益子修CEOは「三菱自動車の電動化技術を改めて評価頂いたものと受け止めています。フィリピン共和国環境天然資源省と協力して排気ガス削減に貢献できることを光栄に思います」としています。
 
式典は6月29~30日に「ASEANにおける環境に配慮した交通手段実現の為のパートナーシップ強化」をテーマに開催されている「第一回ASEAN Electric & Hybrid Vehiclesサミット」(主催:BOI*1、CAMPI*2、eVAP*3、MERALCO*4)の開会を前に開かれました。同イベントには、同国における生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)*5がCAMPIのメンバーとして参加し、PHEV・EV車両の展示や説明を行います。
 
*1・・・Philippine Board of Investments(フィリピン投資委員会)
*2・・・Chamber of Automotive Manufacturers of the Philippines, Inc.(フィリピン自動車工業会)
*3・・・Electric Vehicle Association of the Philippines(フィリピン電気自動車協会)
*4・・・Manila Electric Company(マニラ電力)
 
*5・・・MMPCの概要:
  • 設立
  • 1963年2月
  • 本社・工場所在地
  • フィリピン共和国 ラグーナ州 サンタローザ市
  • 資本金
  • 1,640百万ペソ
  • 主な事業内容
  • 三菱自動車製車両の生産および販売
  • 代表者
  • 加藤芳明 (社長兼CEO)
  • 株主
  • 三菱自動車工業株式会社 51%、双日株式会社 49%
  • 工場生産能力
  • 5万台/年
  • 工場敷地面積
  • 21.4ヘクタール
  • 従業員数
  • 約1,500名(2017年5月現在)
 

  • 納車式にて、環境天然資源省ジョナス・R・レオネス次官とMMC益子修CEO