Twin Clutch SST(ツインクラッチ・スポーツシフト・トランスミッション)

三菱自動車が企業理念として掲げる「走る歓び」と「確かな安心」、そして「環境への貢献」。これらを高次元で具現化することを目標に、「Twin Clutch SST」は誕生しました。

Twin Clutch SST

Twin Clutch SST

「Twin Clutch SST」は、クラッチ操作を行わなくても通常のマニュアルトランスミッション以上の俊敏な変速を可能とする自動変速マニュアルトランスミッションです。マニュアルトランスミッションの経済性と楽しさ、オートマティックトランスミッションのイージードライブを両立させました。

基本構造

奇数(1、3、5速)段用クラッチと偶数(2、4、6速)段用クラッチの計2系統のクラッチを交互に切り換えることで、変速タイムラグの無い、素早い変速を可能としました。また、トルクコンバーターではなく、クラッチで動力を伝達するため、構造がシンプルで、動力損失も少なく伝達効率に優れているため、燃費の向上にもつながります。

Twin Clutch SST 構造図

Twin Clutch SST 構造図

効果

自動変速マニュアルトランスミッションに、ツインクラッチ方式を採用することで、素早い変速による「気持ちの良い加速フィーリング」と、高効率な動力伝達機構による「優れた燃費性能」を可能としました。
さらに走行シーンに合わせた3つの変速プログラムを採用したことで、街乗りから、ワインディング路走行まで幅広い走りにも対応できます。

燃費(10・15モード燃費)
発進加速性能