コンパチビリティ

自身の車両の保護性能と相手車両の被害低減の両立

車両相互衝突の際には、自車の乗員保護性能に加えて相手車両の被害を低減する事も重要です。
車高の高い車両ではサイドメンバーの位置が高いため、正面衝突時に相手車両に乗り上げて相手車両の被害が大きくなる場合があります。そのため、車高の高い車両のサイドメンバーの下側に構造部材を配し、乗り上げが起きにくい構造としています。

乗り上げ防止性能(CAE)

乗り上げ防止構造の例

乗り上げ防止構造の例

乗り上げ防止性能(CAE)