ランサーエボリューションVII

2001

ランサーエボリューションVII

『ランサーエボリューションVII』は、2000年5月にフルモデルチェンジした『ランサーセディア』をベースに完全にリメイクされ、2001年(平成13年)2月に登場しました。ホイールベース、トレッド、タイヤサイズ共に拡大。4G63型2.0Lインタークーラーターボエンジンは、ターボチャージャーの改良、インタークーラーの大型化、マグネシウム製ロッカーカバー、中空カムシャフトやステンレス製排気管を採用し、最大トルク39kg-mを実現したほか、中速域中心に出力向上を図りました。センターデフの差動制限を従来のVCUに代えて電子制御油圧式多板クラッチとしたACD(アクティブセンターデフ)を採用。さらにACD(アクティブセンターデフ)とAYC(アクティブヨーコントロール)との統合制御により、コーナーの立ち上がり加速時にはACDが主に駆動性能を、AYCが主に旋回性能をサポートし、ACDとAYCがそれぞれ単独で作動した時に比べ、より優れた加速性能とハンドリング性能を実現しています。ドライバーズシートには軽量化された新設計のレカロ社製バケットシート、新デザインのMOMO社製ステアリングホイールが採用されました。2002年2月には、『ランサーエボリューション』シリーズ初となる、オートマチック車「GT-A」が登場。2ペダルエボリューションと紹介され、ATの特性に最適化した272PSの4G63型エンジン+INVECS-IIスポーツモード5速ATを搭載していました。

全長 4,455mm
全幅 1,770mm
全高 1,450mm
エンジン 2.0Lターボ