エアトレック

2001

エアトレック

2001年(平成13年)6月に発売された『エアトレック』は、RVの走破性と乗用車の居住性をあわせ持つ新しいカテゴリーのクルマ、既存のRVを超えた次世代クロスオーバーSUV「スマートオールラウンダー」として開発されました。そのパッケージは、広い居住空間とするため2,625mmのロングホイールベースとし、16インチ大径タイヤ等により最低地上高195mmを確保。同時にシート着座地上高を600mmとすることで楽な乗り降りを可能としていました。新しい都会派SUVとして全高が1,550mmに抑えられ、立体駐車場にも入れる配慮がされていました。エンジンは環境エンジン2.4L GDIなどを搭載。INVECS-Ⅱスポーツモード4ATが組み合わされ、4WD車にはVCU付センターデフ方式フルタイム4WDが設定されました。ボディには、高エネルギー吸収フロント・リヤ構造と、高剛性キャビン構造による衝突安全強化ボディ「RISE」を採用。運転席と助手席間のウォークスルー、6:4分割式リヤシートなど使い勝手も高められていました。2002年6月には2.0L インタークーラーターボモデルを追加。2003年1月には大型前後バンパーや車体のリフトアップ、精悍なフロントマスクや大型ルーフレールなどRVテイストを施した「スポーツギア」を追加発売しています。

全長 4,410mm
全幅 1,750mm
全高 1,550mm
エンジン 2.0L / 2.4L