ランサーセディアワゴン

2000

ランサーセディアワゴン

2000年(平成12年)11月、『リベロ』の後継として発売された『ランサーセディアワゴン』。セダンと共通のダイヤモンド状にカットしたフロントノーズにワゴン専用のラジエーターグリルを採用。ボディサイドとリヤは、シンプルな面構成で、ルーフエンドで大胆にカットしたテールゲートと縦型のリヤコンビランプが、ワゴンの機能性と美しいフォルムを両立させていました。扱いやすい5ナンバーサイズを基本に、2,600mmのロングホイールベース、ゆとりの居住空間を実現したセダンベースに、ワゴンはリヤオーバーハングを55mm延長し、全高を10mm拡大。リヤシートには6:4分割リクライニング付スプリットタイプのシートバックを採用。エンジンは1.8L GDIのみで、INVECS-Ⅲ CVT(無段変速機)と組み合わせ、優れた低燃費と応答性のよい滑らかな走りを両立。2001年5月にはターボモデルが追加発売され、こちらには1.8L GDIインタークーラーターボ+INVECS-Ⅱ スポーツモード4ATが搭載されました。また、ダイナミックスポーツワゴンとして「ラリーアートエディション」を設定。大型フロントバンパー、サイドエアダム、大型テールゲートスポイラーなどでスポーツイメージを強調、併せてサスペンションに専用チューニングを施しました。

全長 4,425mm
全幅 1,695mm
全高 1,465mm
エンジン 1.8L