ランサーエボリューションワゴン

2005

ランサーエボリューションワゴン

『ランサーエボリューションⅨ』の卓越した運動性能と、『ランサーワゴン』のラゲッジルームまわりを融合させた、『ランサーエボリューション』初の高性能4WDスポーツワゴンが2005年(平成17年)9月に登場。走りの血統を受け継ぐために妥協はなく、ワゴンベースのボディサイドパネルやルーフパネル、各ピラーの結合部などを徹底的に補強。さらに、テールゲート開口部には50点にもおよぶスポット溶接増し打ちを施し、軽量かつ高剛性のワゴンボディを実現。そのスタイルは、『ランサーエボリューションⅨ』と共通のアグレッシブなフロントスタイルに、『ランサーワゴン』のスクエアなリヤスタイルを融合した迫力あるデザインとなっています。6MTと5ATが設定されており、6MT車には4G63型2.0LMIVECターボエンジンが搭載され、40.0kg-mの最大トルクが確保されていました。電子制御4WDシステムの搭載や、ビルシュタイン社製ショックアブソーバー、ブレンボ社製4輪ベンチレーテッドディスクブレーキなどのメカニズムも惜しみなく装備され、ステーションワゴンとしては比類ない運動性能が注目を集めました。2006年8月には、プレミアム感を高めたインテリア、過給レスポンスを改善させたチタンアルミ合金ターボチャージャーなどを採用した「MR」が発売されました。

全長 4,520mm
全幅 1,770mm
全高 1,480mm
エンジン 2.0Lターボ