トライトン

2006

トライトン

2006年(平成18年)9月、タイのMMthで生産のアーバンスポーツピックアップ『トライトン』が国内で輸入販売されました。『トライトン』の主な特長は、従来のピックアップにはないスタイリッシュでスポーティなエクステリアと機能的且つ快適なインテリア、機能面では、信頼性と耐久性に優れた ラダーフレーム式ボディ、サスペンションにはフロントはダブルウィッシュボーン式、リヤはリーフスプリング式を採用しました。4WDは、イージーセレクト4WDとし、リヤデフにはハイブリッドLSDを採用することで、優れた操縦安定性、乗り心地、耐久性を確保しました。海外では、直接燃料噴射式コモンレールシステムを装備した2.5L 及び3.2Lの新開発ディーゼルエンジンをラインナップしていましたが、国内にはV6 3.5Lガソリンエンジンと4ATを組み合わせた4ドアダブルキャブ(5人乗り)の4WD仕様が投入されました。この『トライトン』は、世界各国へ輸出され、三菱自動車が推し進める「三菱自動車再生計画」を担う重要なモデルでもありました。

全長 4,995mm
全幅 1,800mm
全高 1,780mm
エンジン 3.5L