アウトランダー

2005

アウトランダー

『エアトレック』に変わるSUVとして、すべてに新設計された『アウトランダー』が、2005年(平成17年)10月に発売されました。衝突安全性や剛性を高めた新世代プラットフォーム、エンジンは低燃費・高性能のアルミブロック製2.4L MIVEC、6速スポーツモード付CVT、電子制御4WDを搭載。6速の変速操作には、ステアリングから手を離さずにスピーディに行えるパドルシフトを設定し、運転する楽しさも追求しました。ボディにはアルミルーフ、サスペンションにはモノチューブ式リヤショックアブソーバーなど、『ランサーエボリューション』で培った技術が惜しみなく投入されていました。ダイナミックな造形のインパネが目を引く室内には、スイッチ操作で簡単に折りたたみができるワンタッチタンブル機構のセカンドシートを採用。さらに必要に応じてプラス2名が乗車できる、床下収納式のサードシートや、上下開閉式テールゲート、ロックフォードフォズゲート・プレミアムサウンドシステムなど、使い勝手や装備も魅力あふれるSUVでした。2007年10月にはV6 3.0L MIVECエンジン搭載車、2010年1月には低燃費の2.0L MIVECエンジン搭載車を追加するなど、ラインナップを充実していきました。

全長 4,640mm
全幅 1,800mm
全高 1,680mm
エンジン 2.4L