ランサーエボリューションVI

1999

ランサーエボリューションVI

1999年(平成11年)1月に発売された『ランサーエボリューションVI』は、1999年度のWRCレギュレーション変更である、空力パーツのサイズ制限に対応させるとともに、徹底した冷却性能の向上を実施。フロントバンパーはライセンスプレートのオフセット化、オイルクーラーベンチレーターやエアブローダクトの採用、フォグランプの小型化、ウィッカー型迎角調整式ツインリヤスポイラーなどにより、冷却効率と空力性能を向上させながら、洗練された迫力あるスタイルを実現しています。メカニズムでは、フロントサスペンションのロールセンターを下げるとともに、リヤサスペンションの各アームをアルミ鍛造化し、バネ下重量を低減。また「RS」のターボチャージャーには、世界初のチタンアルミ合金製タービンホイールを採用してレスポンスを高め、高回転域での性能を向上させています。2000年1月には、トミー・マキネン選手の4年連続ドライバーズチャンピオン獲得の偉業を記念し、「トミー・マキネン エディション」を発売しました。WRCワークスカーをイメージする専用カラーリングとインテリア、ターマック(舗装路)を想定したエンジンとハンドリングの専用チューニングを実施。車高を10mm低くし、フロントストラットバーの装備やステアリングのクイック化により、操舵応答性を向上させたモデルとなっています。

全長 4,350mm
全幅 1,770mm
全高 1,415mm
エンジン 2.0Lターボ