トッポBJ

1998

トッポBJ

1998年(平成10年)10月、軽自動車の新規格化(全長3.3m→3.4m、全幅1.4m→1.48m)に合わせ、『ミニカ』、『パジェロミニ』とともに、『ミニカトッポ』も進化。後継モデルとして、『トッポBJ』が投入されました。『トッポBJ』は『ミニカ』の名が外され、「BJ」のサブネームが付けられたことでもわかるように、『ミニカ』とはまったく異なる顔つきの乗用ワゴンとなりました。新規格化に合わせ、全長を100mm、全幅を80mm拡大。エンジンは、環境にやさしい3気筒の新リーンバーンMVVと、64PSを発揮する4気筒インタークーラーターボを設定。また万一の衝突に備えた、衝突安全強化ボディ「RISE」を採用しています。トールボーイスタイルの特長を活かしたパッケージングは、高いアイポイントや広いガラスエリアがもたらす開放感はもちろん、大人4人がゆったり乗車できる居住空間を実現。フロントシートはフルフラットとすることが可能で、リヤシートのリクライニングと合わせ、快適なくつろぎ空間としました。リヤシートは左右スプリット式で多彩なシートアレンジが可能でした。装備では、荷物の出し入れが簡単にできるリヤゲートのガラスハッチを採用。ラゲッジフロアボックスをはじめ、オーバーヘッドコンソールなど多彩な収納スペースも設置しました。1999年には大型バンパーやオーバーフェンダー、1.1Lエンジンなどを装備し5ナンバー化、5名乗車とした『トッポBJワイド』を追加発売しました。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,740mm
エンジン 657cc / 659ccターボ