パジェロミニ

1998

パジェロミニ

1998年(平成10年)10月、軽自動車の新規格化(全長3.3m→3.4m、全幅1.4m→1.48m)に合わせ、『パジェロミニ』がスケールアップして2代目に進化。エンジンは先代同様、4気筒 DOHC 20バルブ・インタークーラーターボをスポーティグレードに搭載。また新開発の環境エンジン、4気筒 SOHC 16バルブ・リーンバーンMVVを標準グレードに搭載し、優れた低燃費を達成しています。ボディ構造は、独自のビルトインフレーム・モノコック方式を基本に、新規格化に伴う安全性を向上。クラッシャブルボディ構造と、変形しにくいキャビン構造を組み合わせた「RISE」を採用。パッケージング面では、ホイールベースを80mm拡大して走行安定性を向上させるとともに、後席足元スペースも拡大して快適性を向上。路面状況に応じて2WD / 4WD(Hi / Lo)の切り替えが容易なイージーセレクト4WDを採用し、最低地上高195mmのグランドクリアランスと相まって、優れた走破性を発揮しました。フロントには大径ベンチレーテッドディスクブレーキ、運転席エアバッグ、マルチモードキーレスエントリー、クリーンエアフィルター、後退連動間欠ワイパーなど装備も充実していました。

全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,635mm
エンジン 659cc / 659ccターボ