アスパイア

1998

アスパイア

1996年に発売された『ギャラン』に遅れること2年、1998年(平成10年)8月にカープラザ系列から『ギャラン』の双子車として登場した4ドアセダン『アスパイア』は、『エテルナ』の後継というポジションでした。『アスパイア』とは「大志を抱く、憧れ」などの意味を持っています。『ギャラン』と内外観をほぼ共用しながら、ヘッドライト、テールランプの一部を変更、全車ATのみの設定でした。エンジンは、1.8L GDIを搭載。GDIの特長である低CO2排出量に加え、CO、HC、NOxを低減した低排出ガス仕様車も設定されました。

全長 4,620mm
全幅 1,740mm
全高 1,420mm
エンジン 1.8L