レグナム

1996

レグナム

ライフスタイルの多様化が進む中、その当時伸長著しかったステーションワゴン市場に、満を持して投入されたワゴンが『レグナム』です。コンセプトは「プレステージスポーツワゴン」。『ギャラン』をベースに開発が進められ、ハイレベルの安全性、快適性、環境への配慮などを共有しつつ、各部に独自の工夫が盛り込まれました。エクステリアは、『ギャラン』の持つスポーティでダイナミックなイメージを踏襲しながら、ワゴンならではのロングルーフを活かして、シャープで伸びやかなウェッジシェイプを表現。『ギャラン』に対し、リヤオーバーハングを50mm拡大しています。1.8L GDIやV6 2.5Lなど4機種のエンジンバリエーションに加え、2WD/4WDの積極展開により、幅広い使用形態に対応するスポーティな走行性能を実現していました。ホットモデルの「VR-4」には、AYC(アクティブヨーコントロール)を標準装備。加えて「タイプS」には、ASC(アクティブスタビリティーコントロール)+TCL(トラクションコントロール)を採用し、ハイパフォーマンスを安心して楽しむことを可能にしています。また特長ある装備とし、荷物を満載した場合でも自動的に車体姿勢を適正なレベルに調節するセルフレベリング機構がオプションで用意されていました。1998年には、2.4L GDI、2000年には2.0L GDIを設定しました。

全長 4,670mm
全幅 1,740mm
全高 1,500mm
エンジン 1.8L / 2.0L / 2.5L / 2.5Lターボ