チャレンジャー

1996

チャレンジャー

「RVヌーボー、始まる」のキャッチフレーズとともに、1996年(平成8年)7月に登場したオールラウンドスポーティRV『チャレンジャー』。北米では『モンテロスポーツ』の名で販売されました。2代目『パジェロ』のシャシーをベースに、車高を低く抑えたアーバンテイストのスタイリングに仕上げられたモデルで、当時では珍しくテールゲートにスペアタイヤを装着していないSUVでした。数多くのラリーにおける輝かしい実績で世界にその実力を証明する三菱自動車の4WDテクノロジーと、長年にわたって本格的アウトドア機能を培ってきたRVノウハウを駆使した『チャレンジャー』。エンジンはV6 3.0L、2.5L / 2.8Lディーゼルインタークーラーターボの3種類をラインナップ。サスペンションは、フロントが『パジェロ』と同様のダブルウィッシュボーン、リヤにはシンプルな3リンク式リジットを採用。オールラウンドで軽快かつ頼もしい走りを発揮するスーパーセレクト4WD(一部車種はイージーセレクト4WD)とABS、安心感をもたらす衝突安全性の高いボディ、ロングフラットモードなど多彩なシートアレンジをはじめ、オーバーヘッドコンソール、デュアルカーゴフロアボックスなど斬新なスペースユーティリティなども追求しました。1997年8月には、V6 3.0LをV6 3.5L GDIに変更し、INVECS-Ⅱスポーツモード5ATと組み合わせて搭載しました。

全長 4,530mm
全幅 1,775mm
全高 1,730mm
エンジン 2.5Lディーゼルターボ / 2.8Lディーゼルターボ / 3.0L