GTO

1990

GTO

1990年(平成2年)10月に、スーパー4WDスポーツカー『GTO』を発売しました。エンジンは、280PSを発揮する新開発のV6 3.0Lツインターボと、電子制御可変吸気システムなどを採用したノンターボを設定。ツインターボにはゲトラーグ社製5MTを、ノンターボには5MT或いは4ATを組み合わせています。優れた動力性能を確実に路面に伝達するVCU式フルタイム4WDを採用し、前後輪トルク配分を45:55に設定しました。サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式とし、ショックアブソーバーの減衰力を電子制御するECS(電子制御サスペンション)や、中~高速時に後輪を前輪と同方向に操舵する4WS(4輪操舵システム)などにより、優れた操縦安定性を実現しています。さらに特徴的な装備として、高速走行時にフロントベンチュリーカバーとリヤスポイラーが自動的に可動する「アクティブエアロシステム」、排気ガスのマフラーへの流入経路を切り替えることでスポーティな音質を楽しめる「アクティブエキゾーストシステム」を採用していました。

全長 4,555mm
全幅 1,840mm
全高 1,285mm
エンジン 3.0L / 3.0Lターボ